2 ダイエット 41糖質制限

糖質制限ダイエットは有効だが、リスクもある !

糖質(炭水化物)を減らすと脂肪が落ちる

やせたいと思っている人、やせなければいけない人は、多いのです。

近年、注目されているのが、糖質制限ダイエットです。

 

三大栄養素である、「炭水化物」「タンパク質」「脂肪」のうち、

炭水化物を減らす方法で、ごはんやパン、めん類などを減らすものです。

 

人の体は、炭水化物の摂取量が減ると、エネルギーが不足するため、

脂肪を分解してエネルギーを補おうとします。

すると脂肪が落ち体重が下がるのです。

 

日本では、糖尿病の食事療法として、血糖値の改善方法として利用

されています。

そして実際に血糖値を下げる、減量するという効果があります。

スポンサードリンク

糖質制限ダイエットの問題

このダイエット法は、「炭水化物さえ減らせば、肉は好きなだけ食べて良い」

という文句で、非常に魅力的なダイエット法です。

 

しかし、タンパク質を大量に摂取すると問題が生じます。

炭水化物を制限して、タンパク質を大量に摂ると、エネルギー源として

体脂肪が急激に分解・消費されるようになります。

 

すると、その代謝物(ケトン体)が血液中に急増し、昏睡などの健康障害が

起こることがあります。

 

また、肉には、飽和脂肪酸やコレステロールが多く含まれているために、

摂りすぎてしまうと、動脈硬化や心筋梗塞の原因となります。

 

バランスが大切

糖尿病などの場合は、血糖値を下げる必要から糖質制限は、必要であり

やらなければならないことで、糖質制限により効果があります。

 

しかし、肉などのタンパク質も適量を考えなければ改善にはなりません。

ただやせたいというだけで、このダイエットを行うにはリスクもあると

いうことを考えるべきです。

 

三大栄養素の理想的なバランスは、1日の総カロリーに対して、

炭水化物55%、タンパク質20%、脂肪25%といわれています。

炭水化物をまったく摂らないという方法は、栄養バランスが崩れて

しまいます。

 

問題は、エネルギーが消費されずに蓄積されてしまうことから、

肥満に結びつき、血糖値が上がって、血管障害を引き起こしてしまうのです。

まず、基礎代謝や運動によってカロリーを消化することが一番の

ダイエット法となります。

スポンサードリンク

 

-2 ダイエット, 41糖質制限