1 健康長寿 7 高血圧

たまねぎを食べて健康に !

脂肪を燃やす

メタボは、肥満に加えて、血糖値が高い、血圧が高い、脂質異常の内、

2つ以上当てはまる人が該当します。

 

メタボであっても、すぐに重い病気になるわけではありません。

しかし、メタボでない人に比べて心筋梗塞や動脈硬化などを発症する

リスクが高まります。

 

いずれも摂取エネルギーが多すぎたり、運動不足で消費エネルギーが

少ないことが原因なので、少しでも体脂肪を燃やすことが大切です。

その大きな味方が「たまねぎ」なのです。

 

たまねぎに含まれている辛み成分のシステインには、体内の余分な

脂肪の蓄積を抑えてくれる効果があります。

また、同じく辛み成分の硫化プロピルが空気に触れると、

チオスルフィネートという成分に変わりますが、この成分には

血液をサラサラにしたり、脂肪をより燃焼させる効果があります。

スポンサードリンク

ぽっこりお腹を解消

たまねぎは、100グラム当たりのカロリーが37kcalと低く、食物繊維も

豊富に含まれます。

食物繊維は、体にためこんだ余分な老廃物や毒素を排出してくれる

大切な成分です。

 

食物繊維をたくさん摂ると大腸が活発に動くため、便秘が解消したり、

全身の新陳代謝がよくなってやせやすい体になります。

 

つまり、腸が活発にに動いていれば、多少の運動不足であっても

内蔵に極端に脂肪はたまらないのです。

 

たまねぎには、ぽっこりお腹を解消してくれる食物繊維が含まれている

うえに、腸内の善玉菌の活動を助けるオリゴ糖も豊富です。

 

血圧を下げる

高血圧は、自覚症状はそんなにありませんが、血圧が高くなると、

血管に強い圧力がかかり、脳出血や心筋梗塞などを発症しやすくなります。

 

たまねぎには、カルシウムやカリウム、マグネシウムなどの降圧作用

のある成分が含まれているので、血圧の上昇を抑制します。

 

また、たまねぎの皮に多く含まれるフラボノイドの一種である

ケルセチンには、血圧を低下させたり、血管を丈夫にする効果があります。

さらに、たまねぎに含まれる硫化アリルのひとつであるアリシンには、

血管を広げて血流をよくし、血圧を下げる効果があります。

 

そのほか、グルタチオンという成分には、抗酸化作用もあり、

たまねぎは、血液力・血管力を高める作用が高く、血圧の上昇を

抑えながら健康を維持してくれる味方です。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿, 7 高血圧