4 糖尿病

糖尿病と糖質制限による改善 !

糖尿病を招く4つの原因

糖尿病の原因としては、遺伝的な要因と環境的な要因があります。

遺伝的要因とは、生来の体質などの要因、環境的な要因とは、

生活習慣のことです。

特に食生活が重要となります。

スポンサードリンク

糖尿病を招く食生活とは

○ごはんやめん類、パンの摂り過ぎ

ごはんやめん類、パンには糖質が多くふくまれています。

糖質をとると、すべてブドウ糖に変化し、血糖値を上げます。

その結果、すい臓はインスリンを分泌して、血糖値を下げようとします。

 

しかし、ごはんやめん類が好きで、常に糖質を摂りすぎる状態が

続くと、すい臓は疲れて働きが悪くなってしまいます。

 

○スイーツやジュースの摂り過ぎ

スイーツやジュース、果物などの甘いものに多く含まれる糖質は、

体に吸収されやすいという特徴があります。

すい臓は、インスリンを早く出す必要があり、すい臓を酷使します。

 

○肥満

糖尿病は、40代ころから増えてきます。

いわゆる中年太りの時期と重なっています。

体脂肪が増えすぎると脂肪細胞から悪玉物質が放出され、

インスリンが効きにくくなり、高血糖を招きやすく、すい臓の負担が

増えてしまいます。

 

○まとめ食い

朝食を抜いたりして、食事の回数を減らし、一度に糖質をまとめて

食べると、すい臓に大きな負担がかかります。

血糖値を急激に押し上げることになり、すい臓はインスリンを

早く出さなければかりません。

 

実際に糖質制限をやってみる

糖質制限の具体的な方法として、まず、ごはんやパンなどの主食を

減らしてみます。わかりやすく半分にしてみてください。

 

1ヶ月続けると、明らかに血糖値が下がってきます。

さらにHbA1cも改善されると思います。

 

しかし、日本人は主食を大切にするので、簡単に半分にするといっても

かなりハードルが高いかもしれません。

けれども、海外では、主食といえば、肉や魚料理を表します。

ごはんやパンは、それほど重要視はしていないのです。

気持ちが切り替われば、抵抗感はなくなります。

 

食物繊維を摂る

主食を減らすと、食物繊維の摂取量が減りますから、便秘になりやすく

なります。

その予防として、野菜や海藻、きのこなどの食物繊維が豊富な食材や

水分を意識して摂るようにします。

 

また、やせている人、妊婦、子どもは、糖質制限には向いていません。

注意したいですね。

スポンサードリンク

 

 

-4 糖尿病