26マインドフルネス

マインドフルネスは健康生活に役立つ !

マインドフルネスとは

マインドフルネスとは、簡単に言うと、「自分を客観視する技術」です。

よくわかりにくいですね。

 

人は、怒ったり、悲しんだり不安などのネガティブな感情にとらわれる

ことがあります。

そのときに「自分は、今、ネガティブ思考や感情にとらわれている」

ということに気づけば、そのネガティブ思考や取り巻く現実や自分を

支配している潜在意識から一瞬自由になります。

 

その瞬間が、マインドフルネスの瞬間です。

 

マインドフルネスの結果、必要のないネガティブ思考は開放され、

ネガティブな感情はいやされます。

そして、今、必要なことに集中することができます。

さらに、潜在意識に潜むネガティブな考えから解放される場合もあります。

スポンサードリンク

マインドフルネスは、古くから利用されている

マインドフルネスは、頑張ってポジティブにすることではありません。

マインドフルネスの結果、自然とポジティブに考えるようになるのです。

 

マインドフルネスは、頑張って前向きに行動することではありません。

マインドフルネスの結果、今、必要なことに気づき、行動できるのです。

 

最近では、心理療法や教育にも利用されているマインドフルネス。

その起源は古く、釈迦が悟りを開いたときの時代に遡ります。

釈迦が悟りを開いたときの心の状態がマインドフルネスと言われています。

マインドフルネスは、仏教とともに広がっていったのです。

 

現代のグーグルなどの大企業の研修にも取り入れられているようです。

 

マインドフルネスが必要なのは

ネガティブな人がポジティブに考えることができないのは、

3つの原因があります。

 

1つ目は、マインドフルネスが足りないことです。

自分がネガティブ思考していることに気づかなければ、改善できません。

怒りを鎮める方法を知っていても、いざというときに思い出せなければ、

意味が無いのです。

 

2つ目の原因は、潜在意識において、自己肯定感の弱さです。

自己肯定感が弱い人は、ストレスやトラブルがあると、ネガティブに

考えてしまいます。

常に、ネガティブに考えてしまうと、自己肯定感はさらに弱くなります。

マインドフルネスには、ネガティブ思考をしないことが大切です。

 

3つ目の原因は、体の不調です。

体調が悪ければ、くよくよしがちになります。

また、マインドフルの状態は難しくなります。

ストレスによって体調を崩すこともあるのです。

 

心と体は相互に関連していて、分けて考えることはできません。

体の声をマインドフルに聴いて、体の調子を整えることは、

メンタルヘルスのコツです。

 

マインドフルネスを習得することは、

心身ともに健康となる方法でもあるのです。

スポンサードリンク

 

-26マインドフルネス