オイル

生活習慣病予防にオメガ3オイル !

2017/09/12

エゴマ油

エゴマは、東南アジアが原産のシソ科の植物です。

日本での歴史は古く、縄文時代から食べられていました。

 

エゴマ油の特徴は、動脈硬化を予防するといわれている「α-リノレン酸」

が豊富なことです。

α-リノレン酸が、含まれる脂肪酸のうち60%を占め、植物油の中でも、

アマニ油と並ぶトップクラスです。

 

次いで、オレイン酸が14%と4分の3が体に良い油です。

α-リノレン酸には、血圧を下げ血管を修復する働きがあります。

微量に含まれるビタミンEには、血管を傷つける過酸化脂質を取り除く

働きがあります。

 

【高血圧や動脈硬化予防におすすめの風味豊かな油です】

スポンサードリンク

アマニ油

亜麻は、茎からとれる繊維が麻の織物に使われる植物です。

アマニ油は、亜麻の種子を搾った油です。

亜麻は、北海道やロシアなど寒冷な土地によく育ちます。

α-リノレン酸が豊富で、エゴマ油と健康効果はほぼおなじです。

アマニ油の方が少しクセがあります。

風味が苦手な人は、精製タイプがおすすめです。

 

脂肪酸の構成・栄養素はエゴマ油に似ている。

また、ビタミンKが微量含まれます。

ビタミンKには、血液を凝固させる働きがある。

 

【とろりと金色の油、アレルギー予防や免疫力アップに】

 

チアシードオイル

スーパーフードとして注目されているチアシード。

このシソ科の植物チアの種子からとれるのが、チアシードオイルです。

α-リノレン酸が豊富で、油は種子よりも効率よく摂れます。

オメガ3系の油の中でもクセが少ない油です。

エゴマ油、アマニ油と同様、血管への効果が期待できます。

 

クセが少なく、香りの個性が強い他の油よりも摂りやすい。

チアシードそのものを食べることもおすすめです。

 

【種よりも効率よくオメガ3が摂れる】

 

カメリナオイル

カメリナは、アブラナ科の植物です。

α-リノレン酸のほか、種類豊富な抗酸化成分が含まれます。

飽和脂肪酸などの割合が多いため加熱に強いと思われていますが、

α-リノレン酸の効果は、加熱により弱まるので注意です。

 

【脂質異常症の改善につながる】

 

生活習慣病が気になる方にオメガ3オイルがおすすめです。

スポンサードリンク

 

-オイル