1 健康長寿 25ストレス

目標のないストレスは老化を促進する !

ストレスには有益ストレスがある

ストレスをためると、細胞はみるみる老化します。

若ささを保つなら、ストレスの原因となるものは、なるべく排除する

必要があります。

 

喜びと苦しみを乗り越えて人の幸福があると思いますが、よくない

ストレスとは、「ストレスを乗り越えた先に何も実を結ばない」場合です。

 

ほとんどのストレスは、「ストレス」という名前はついていても、

それを越えることによって必ず何かの喜びが生じます。

これを「有益ストレス」といいます。

 

猛勉強の結果得られる知識や資格、労働の後の休息や旅行、気配りを

重ねた結果得られる信頼関係。

ストレッサーが激しいものであればあめほど、ハードルを越えた

あとの幸福感は高まります。

 

それは、登山のあとの充実感や達成感にたとえられます。

緊張するとストレスを感じますが、結果が大きければ、達成したあとの

喜びも大きくなります。

スポンサードリンク

人は課題をクリアして成長する

人は、生きていくなかで、常に目の前に何らかの課題を持ち、それを

クリアしながら生きています。

その克服の過程がはっきりしていればいるほど、「意味のあるストレス」

と喜びは大きくなります。

 

問題は、「抜け場のないストレス」です。

どんなに誠意をつくしても、コミュニケーションをとろうとしても、

一方的に批判してくる人との間には、「有害ストレス」しか生まれません。

 

この苦しみや迷いに意味はありません。

トンネルを抜けるめどもつかない、というときのストレスは、確実に

人を老いや病いへと押しやってしまいます。

 

人のテロメアは、心を高揚させるもの、知的に興奮するもののために

使われるべきものです。

 

自分の目標はあるか

人生の目標といってもなかなか見つけることはむずかしいですね。

やりたいことや、やらなければならないことを、人はなかなか

実行できません。

 

今日やらなくても明日やればいい、今月つでなくても来月、

今年でなくても来年、というふうに漠然と生きてしまいます。

 

しかし、そんなあなたも、「もうすぐ死にます」といわれたら

必死になるのではないでしょうか。

 

残った人生をどう生きるか、そのことを念頭におくべきです。

「明日はもうないかもしれない」と思って生きること。

それが、人生を生きる方法でもあるのではないでしょうか。

 

自分の目的に合っていないストレスは、細胞の時計を止めて、

老化へと促進させてしまうのです。

自分の目的と目標を明確にして、日々達成感を味わいながら

生きていくことが幸福につながるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿, 25ストレス