4 糖尿病

白米の食べすぎは糖尿病のリスクが大きい !

2017/07/28

イギリスの医学雑誌に発表された白米に関する研究

白米の消費量と糖尿病の発症リスクに関して、日本、中国、アメリカ、

オーストラリアの4カ国で行われた観察結果を解析したものです。

 

それによると、日本人と中国人は白米を主食にしているので、

1日平均3,4杯の白米を摂取している。

週に1,2杯の欧米人に比べて、圧倒的に白米の消費量が多い。

 

解析の結果では、白米消費量が最も少ないグループに比べ、最も多い

グループは、糖尿病の発症リスクは、1.27倍に増加していた。

 

特に日本人女性は、白米消費量が少ない人の1.65倍、中国人女性では、

1.78倍を示した。

 

日本人男性の場合、白米消費量が多い人の発症リスクは、1.19倍で、

女性に比べると低かった。

 

日本人でいえば、1日に茶碗5杯以上の白米を食べる男性は、3杯未満の

男性より糖尿病の発症リスクは1.16倍、ご飯が1杯増えるごとに、

発症リスクは男性で1.08倍、女性で1.46倍に増えるというのだ。

 

ただし、毎日1時間以上しっかり運動していれば、発症リスクは総裁される。

スポンサードリンク

白米は糖尿病のリスクが高まる

仕事で体を動かしている人は、ご飯をおかわりしなければ、食べている

ご飯の量を減らす必要はありません。

 

問題は、デスクワークが主体だったり、車で移動することが多かったり

してあまり歩かない人。

この場合は、エクササイズを取り入れるか、ご飯の量を減らすことが

大切です。

 

白米が糖尿病を誘発するということではなく、食べる量と運動による

エネルギー消費がバランスよくできていれば、問題はないのですが、

最近は、より高カロリーの食品も増えてきているために、より高血糖に

なりやすく、糖尿病へのリスクが高まっているのです。

スポンサードリンク

 

 

-4 糖尿病