1 健康長寿

酵素を摂らないと栄養は吸収されない !

食事のコツ

効果的なのだが、多くの人が実践していない食事のコツ

ひとつは、酵素を含む食品を摂る。

酵素は、人が健康に生きていくうえで欠かせない物質です。

 

食べたものを消化・吸収することに始まり、呼吸をする、手足を動かす、

老廃物を排泄する、病原菌を倒すなど、人の活動すべてにかかわるのが

酵素だからです。

タンパク質やビタミンを大量に摂取しても、酵素がなければ吸収されません。

スポンサードリンク

潜在酵素とは

体内には、食べ物の消化に使われる「消化酵素」と、あらゆる生命活動に

使われる「代謝酵素」の2種類が存在します。

この2つをあわせて「潜在酵素」と呼びます。

 

潜在酵素の量は、加齢とともに現象するため、食べ物や飲み物から

補給しなければ、体のはたらきは衰えてしまうのです。

 

酵素は、新鮮な野菜や果物、生の魚や肉の他に、納豆、みそ、しょう油、

チーズなどの発酵食品に豊富に含まれています。

 

こうした知識が知られる前から、焼き魚には大根おろしが、トンカツには

せん切りキャベツが添えられていました。

これは、酵素を含むものが、魚や肉の消化を助けることを経験的に知って

いたからではないでしょうか。

 

酵素不足の食事が老化させる

最近では、肉や魚などのタンパク質が体を丈夫にする、ということが

一般にひろまりました。

 

それを受けて、タンパク質を手軽に摂れるレトルト食品やファーストフード

が普及してきたために、酵素を含んだものを食べる機会が減っています。

体は、食べたものからエネルギーを得ているため、最優先されるのは、

生命維持に直結する消化です。

 

消化するのに、酵素を大量に消費してしまう脂っこいものや、

酵素を含まない加熱したものばかり食べていると、潜在酵素が枯渇して

いきます。

すると代謝機能がどんどん弱くなってしまうのです。

 

代謝機能には、細胞の修復や有害物質の排泄などが含まれますから、

酵素が足りなくなると、疲れがとれにくく、不調を招きやすい体に

なります。

 

さらに代謝の悪化は、自律神経のはたらきも悪くし、体温も下げて

しまうというデメリットもあります。

 

また、酵素には、血液中で赤血球がくっついて、ドロドロになる状態を

解消するはたらきもあります。

酵素を含む食品を積極的に摂ることで、血液がサラサラとなるのです。

 

酵素を意識して食事したいですね。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿