5 若返り

EPAが必要なわけ !

EPAは血管によい

EPA(エイコサペンタエン酸)は、n-3系不飽和脂肪酸という、

常温では液体の油です。

 

主に魚介類の脂肪の中に多く含まれていて、本マグロ、ぶりなどに

多く含まれています。

魚介類のほかには、亜麻仁油やえごま油、しそ油などの中にも多く、

ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類にも、体内で一部がEPAに

変化する脂肪酸が含まれています。

 

EPAの効果は、まず、血圧の上昇を抑えて高血圧を予防します。

また、血管をしなやかにして、弾力性を保つように働きかけます。

 

さらに、糖質などで傷ついた血管の細胞の炎症を抑えて、血栓が

できないように働きかけます。

すでにできてしまった動脈硬化のコブも安定化させます。

 

血管にやさしい食生活には、欠かせません。

スポンサードリンク

DHAが認知症を予防

DHA(ドコサヘキサエン酸)もEPAと同じ不飽和脂肪酸のひとつです。

EPAを多く含む食品には、このDHAも多く含まれていて、健康によい

効果が認められています。

 

その効果は、中性脂肪やコレステロールを減らし、動脈硬化を抑えます。

さらに脳の働きを助けて、認知症を予防改善するほか、精神を安定させる

効果もみられます。

 

うつや不眠などの症状がやわらぐという研究結果もあります。

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー性の疾患も改善すると

期待されています。

EPAのライバルというAAとは?

AAとは、アラキドン酸のことで、EPAと同じ不飽和脂肪酸のひとつです。

必須脂肪酸の一種で、成長する際の脳や体の発達には、なくてはならない

栄養素です。

免疫機能や記憶力、学習能力をアップする働きもあります。

 

このAAと血管にやさしいEPAとはライバル関係にあり、AAが増えすぎると

EPAの働きが抑制されてしまうので、注意が必要です。

 

AAは植物が由来の脂肪酸ですが、リノール酸を多く含む植物油や

マーガリン、ごま油などに多く含まれていて、欧米化の進んだ現代の

食卓では、摂り過ぎになっています。

 

血管にやさしいEPAの効果を高めるためには、EPAを積極的に摂ると

ともに、AAの摂取量を抑える必要があるのです。

 

EPA/AA比が高いほどよい血管になる

EPA/AA比が高いほど、動脈硬化や血管病になりにくいことが

わかっています。

 

つまり、植物由来の脂肪酸であるAAよりも魚介類由来のEPAを多く摂って

いる人のほうが、血管の状態がよいということです。

 

日本人は、0.6~0.7が平均的といわれていましたが、魚介類の摂取が減り、

揚げ物のおかずが増えるなど食の欧米化が進み、数値は減少傾向です。

 

特に39歳未満の人は、平均が0.3に満たないので要注意です。

スポンサードリンク

 

 

-5 若返り