1 健康長寿 21ウォーキング

歩くことが健康にとって一番 !

歩くことで体の内側から温める

「温・食・動・想」のうち、「動」として一番のおすすめは、

ウォーキングです。

ふくらはぎの筋肉を収縮させる動きによって、「第二の心臓」としての

働きを十分発揮することができます。

 

また、筋肉の動きによって、エネルギーを燃焼させ、体内から熱を

発生させて、体を内側から温めることができます。

筋肉は、熱の生産向上の役割も果たしているのです。

 

半身浴が体の外側から温める方法とすると、歩くことは、下半身の

内側から温める方法だと捉えることができるのです。

 

現代は、1日中デスクワークをしたり、移動手段は乗り物に頼るなど、

体を動かす機会が減っているので、体内で生み出す熱が不足しがちです。

筋肉は、使わないと次第に萎縮し、運動機能も発熱機能も低下してしまう

ばかりなので、よく歩くことが健康には大切なのです。

スポンサードリンク

自然の道を歩く

都会に住んでいると難しいかもしれませんが、自然の舗装されていない

でこぼこ道を歩くのがよいのです。

でこぼこがあると、体のバランスをとるために、体のさまざまな筋肉を

うまく使ったり、足の裏の感覚が養えるからです。

 

また、舗装された道は、足に負担がかかります。

ウォーキングシューズには、不安定にして筋肉が鍛えられるものも

ありますから、うまく利用するとよいですね。

 

歩数が増える趣味を持つ

健康のために歩かなければならないという義務感でウォーキングを

しても、なかなか継続することは難しいですね。

 

自然に歩いて、歩数が増えるような趣味を持てば、楽しくウォーキングが

できて、ある程度の歩数をこなすことが楽になります。

 

たとえば、日本の名所巡りとか、城巡りや公園巡りなどです。

写真などでもよいかもしれませんね。

自然に親しんで、歩いたりして楽しむことがベストかもしれません。

まず、歩くことからはじめましょう。

 

ウォーキングそのものが習慣として身につくようにすればよいですね。

スポンサードリンク

 

ダイエットサプリ

-1 健康長寿, 21ウォーキング