1 健康長寿

唐辛子で脂肪燃焼 !

2017/05/22

アドレナリンが脂肪を燃焼する

興奮すると、心拍数が上がります。

そして、血行がよくなって血圧が上がります。

それは、アドレナリンが出た状態です。

 

アドレナリンというホルモンの分泌を促進するので、代謝が上がり、

脂肪が燃焼しやすくなるといわれています。

 

そして、逆にリラックスしているときは、体の消費エネルギーが

少なくなるので、脂肪が蓄積しやすくなり、体が太りやすい状態に

なっています。

スポンサードリンク

唐辛子がアドレナリンを分泌促進する

このアドレナリンの分泌を促進させる食材が、唐辛子です。

唐辛子に含まれる「カプサイシン」が、脳に直接働きかけて、

アドレナリンの分泌を促進し、代謝を上げて、脂肪を燃焼します。

また、唐辛子を適度にとると、血糖値の上昇を抑え、脂肪をためない

という結果もあります。

 

ただし、カプサイシンは、過剰摂取すると流涙症、排尿障害、高血圧、

吐き気など、さまざまな障害がでる場合があります。

適量を心がけてください。

 

唐辛子は、「体を温める効果」が高いのですが、摂りすぎると一転して、

「体を冷やしてしまう」こともありますので、注意です。

 

キムチもおすすめ

唐辛子以外では、キムチやトウバンジャン、チリソースなどから

摂取するのもよい方法です。

特にキムチは発酵食品なので、おすすめしたい食材です。

 

みそ汁やそば、ラーメンなどに七味唐辛子や食べるラー油を加える

方法もおすすめです。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿