7 高血圧

カリウムは塩分を排泄する !

2017/05/01

カリウムの働き

カリウムは、血圧を上げる原因となる体内の余分なナトリウムを

排泄する働きがあります。

つまり、同じ量の食塩を摂取しても、カリウムを多く摂れば、

その害を減らすことができるのです。

スポンサードリンク

カリウムが血圧を下げる作用については、ナトリウムを体にため込む

働きのあるレニン・アルドステロン系の経路を抑制するからだと

考えられています。

 

また、カリウムは末梢血管を拡張させて、血流を促進したり、

腎臓から分泌されるカリクレインという血圧を下げる酵素を増やしたり

する働きもあります。

 

さらには副腎から分泌されるカテコールアミンという血圧を上げる

ホルモンの分泌も抑えてくれます。

このように、カリウムはさまざまなメカニズムで血圧を下げることに

役立ちます。

 

ただし、腎機能が低下している人は、カリウムがうまく排泄できず、

高カリウム血症を発症することがあります。

カリウムが上昇しすぎると不整脈が起こりやすくなり危険です。

腎機能が低下している人は、カリウムの摂取量については、

医者に相談する必要があります。

 

カリウムを含む食べ物

カリウムは、ほとんどの食品に含まれていますが、野菜や海藻類、

果物、いも類などに多く含まれています。

しかし、果物などはカロリーも高いので、特に肥満の人は注意が

必要です。

 

野菜類から摂ることがおすすめです。

 

カリウムは、水に溶けやすいので、野菜などを水洗いするときは、

さっと流す程度にします。

煮汁などにも溶け出しますが、加熱で作用が失われることはありません。

スポンサードリンク

 

-7 高血圧