25ストレス

ラベンダーがストレス解消に役立つ !

2017/02/22

香りで癒やされて明るい気持ちになる

ストレスを感じているときには、アロマテラピーなど香りの力を

活用します。

アロマテラピーとは、香りを抽出した精油で行う自然療法です。

体や精神の健康を維持し、促進し、不調を改善します。

 

リラクゼーションやリフレッシュに役立ちます。

とくに、ストレスの緩和に効果があるのは、ラベンダーの香りです。

交感神経に作用し、リラクゼーションの効果をもたらしてくれます。

 

末梢血管を拡張してくれるので、高血圧や不整脈、動悸、喘息を

やわらげるなど、さまざまな効果があることで知られています。

枕やアイピローにラベンダーの香りをまとわせると、安眠を

うながしてくれます。

スポンサードリンク

精油を1滴たらしてゆっくり香りを楽しむ

精油は香りが凝縮されているので、ごく少量を使います。

マグカップにお湯を入れ、1滴たらしてゆっくり香りを吸い込み、

息を口から長く吐くようにすると、心が落ち着いてきます。

 

ハンカチやティッシュに1滴しみ込ませて香りを吸い込むのも、

手軽な方法です。

ストレスに効果のあるアロマ

○ユーカリ--森林浴のようなリフレッシュ感

精神的にふさいでいるときに活力を与え、花粉症の強い味方。

風邪にも効果があります。

 

○セラニウム--バラのような甘く強い香り、野性味と清涼感も

自律神経のバランスを調整し、ストレスを軽減する。

集中力を増し、自分の力を信じられるようになる。

 

○イランイラン--甘く濃厚でエキゾチックな香り

アドレナリンの分泌を抑制し、神経系をリラックスして鎮静する

作用があります。

不安が軽減され、ヤル気が戻ってくることもあります。

 

○クラリセージ--ほろ苦い甘さと深み

女性ホルモンと似た働き。

月経を調整し、ほてりを抑え、不安感を解消する。

香りで幸福感を感じる。

 

○サンダルウッド--濃厚で甘くオリエンタル

日本では「白檀」の名で親しまれ、お香の原料として古くから

使われています。

鎮静作用があり、脳の働きも鎮めてくれる。

 

ラベンダーの効果

鎮静作用や自律神経のバランスをととのえる作用があり、

深くリラックスできる。

 

セロトニンの分泌をうながし、不眠の解消に役立つ。

頭痛や筋肉痛、胃痛などの症状の緩和にも。

枕やアイピローにラベンダーの香りをまとわせると安眠できる。

スポンサードリンク

 

-25ストレス