1 健康長寿 25ストレス

幸せホルモン(セロトニン)を増やす !

2017/02/20

セロトニンは幸せホルモン

セロトニンは、ドーパミンやノルアドレナリンとともに、

人にとって重要な3大神経伝達物質のひとつです。

 

不足すると、精神が不安定になりやすく、うつ病を発症するリスクが

高まるといわれています。

逆に、上手に摂取できるとメンタル面によい影響を与えるので、

「幸せホルモン」とも呼ばれています。

 

セロトニンを増やすために欠かせないのが、必須アミノ酸の

トリプトファンです。

スポンサードリンク

さまざまな食品をバランスよく摂る

セロトニンは、ビタミンB6やマグネシウム、ナイアシンからも合成されます。

ビタミンB6は、サンマやニンニクに、マグネシウムは、ワカメやひじきに、

ナイアシンは、キノコ類や緑黄色野菜などに多く含まれています。

 

セロトニンを増やすには、なるべく多種類の食品をとるとよいのです。

もうひとつ覚えておきたい「幸せホルモン」があります。

それは、「オキシトシン」です。

 

飼い主と犬が触れ合うことで、分泌されることがわかっています。

人とのスキンシップでも分泌されるので、パートナーや子どもとの

ふれあいを大切つにするとよいですね。

 

セロトニンは感情コントロールに関わる「幸せホルモン」

セロトニンは、睡眠や体温調節にも関わるから減少させない。

必須アミノ酸のトリプトファンをとることで、増えやすくなる。

チーズ、アーモンド、赤身魚、納豆などを摂る。

ビタミンB6(サンマ、ニンニク)、マグネシウム(ワカメ、ひじき)、

ナイアシン(キノコ類、緑黄色野菜)からも合成される。

和食中心のバランスのよい食事がおすすめ。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿, 25ストレス