1 健康長寿 3 美容

美しい髪をつくる !

2017/02/17

頭皮は濡らしてマッサージ

パサつく髪をしっとりさせたいなら、シャンプーやトリートメントの

選び方にも気を配りたいものです。

 

髪がパサパサなら、地肌も乾燥しているはずです。

頭皮には、額の約3倍の皮脂腺があるといわれますが、保湿が十分

でないと、抜け毛が増えやすくなります。

 

髪質にもよりますが、できるだけ刺激の少ないもので、頭皮や髪の

脂質を取りすぎないものを選びます。

とくに頭皮が乾燥しているときは、シャンプーを使わず、ぬるま湯で

洗ってもいいのです。

タオルドライは、軽くたたくようにやさしく行うのがコツです。

スポンサードリンク

指の腹でやさしくマッサージし、たたく

頭皮のマッサージをすると、皮脂腺に固まっている皮脂が分散されて、

乾燥している地肌に行きわたります。

血行もよくなり、コシとツヤのある髪を育てます。

 

マッサージは、頭皮が濡れた状態が最適です。

シャンプーを使わず、お湯で地肌を洗う要領でマッサージします。

爪は絶対に立てず、ゆびの腹を使い、やさしくもむように行います。

 

マッサージの後は、指の腹で軽くたたくように頭皮に適度な刺激を

与えます。

ブラシを使う場合は、動物の体毛でできているブラシなど、やわらかい

ものを使い、ごく軽くタッピングします。

 

パサつき防止に必要なのはシャンプー選びとマッサージ

シャンプーやトリートメントは頭皮や髪の脂質を取りすぎない

ものを選ぶ。

 

頭皮が乾燥して傷んでいるときはぬるま湯だけで洗う。

 

マッサージとタッピングは、頭皮を濡らした状態で指の腹を

使ってやさしく行う。

 

ドライヤーは10センチ以上離す

髪の表面温度が100度を超えると髪質が変化してツヤが低下する。

髪が乾ききる前に、ドライヤーはすぐにストップする。

 

ヘアアイロンは温度設定に気を配る。

髪に当てすぎないように、手早く行う。

イオン効果のあるドライヤーを使えのもおすすめ。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿, 3 美容