51脳の若返り

脳の糖化を防ぐ !

脳の糖化は認知症の原因

年齢とともに、糖化は全身で起こり、老化に向かいます。

脳も糖化すれば、衰えてしまうのです。

 

認知症の代表格であるアルツハイマー病は、糖化が原因といわれています。

脳内のタンパク質が糖化すると、アミロイドβというタンパク質に

変性します。

これが脳内の組織にたまって、うまく分解されないことにより、

脳の神経細胞が死滅することが原因といわれています。

 

アルツハイマー型認知症については、解明されていないことがたくさん

あります。

一方で、2型糖尿病患者の人は、アルツハイマー型認知症になる確率が

高いといわれることを考えても、糖化は、脳に大きな影響を与えているのです。

スポンサードリンク

GI値の低い食べ物が糖化を防ぐ

脳を健康に保つためにも、体の糖化は防ぎたいものです。

GI値の低い食べ物を食べることが重要です。

食品・食材のGI値

炭水化物ばかり食べ続けたり、高脂肪なものを食べすぎたりする

食生活は、太るだけでなく、脳に悪影響を与えます。

 

適度な運動をして、しっかり睡眠をとることも重要です。

アミロイドβが、たまり始めるのは早い人で40代からです。

早めに糖化を防ぐ努力をしたいものです。

 

体を動かして糖化を予防する

糖化がよくないとはいえ、糖は脳の活性化にも一役買っています。

まったく糖をとらない、ということは理にかなっていません。

大事なのは、バランスなのです。

 

糖化を進めすぎないためには、食事に気をつけるとともに、体を動かす

ことがとても重要です。

ちょっとした距離でもすぐに車に乗ったり、エレベーターやエスカレータ

を使ってしまうなど、見に覚えはありませんか?

 

自分の体を甘やかしていると、糖化は進んでしまいます。

なるべく階段を使う、歩ける距離なら早足で歩くなど、体を活性化させる

ことが、脳の活性化にもつながります。

 

軽い運動だけでも糖化は防げる

ハードな運動をする必要はありません。

歩くだけで十分なのです。

また、自転車に乗るなどの簡単な運動でも、脳の中で注意力や行動を

制御する「前頭前野」が活性化することがわかっています。

 

ヨガや太極拳などのゆっくりとした動きでも活性化するようです。

スポーツが苦手な人でも、こまめに体を動かすようにします。

スポンサードリンク

 

-51脳の若返り