1 健康長寿

栄養素の展示場「納豆」 !

納豆のパワー

発酵食品といえば納豆ですね。

脳卒中や心疾患、がん、骨粗しょう症、そして糖尿病と重大疾病を

予防するすばらしい食材です。

 

「畑の肉」と呼ばれるほどの栄養豊富な大豆の栄養素と発酵菌との合体

によって、このうえない健康食材となっているのです。

発行の過程でさまざまな酵素が生み出され、栄養価を高めています。

 

そのひとつに、血栓を溶かし血液をサラサラにする溶解酵素の

「ナットウキナーゼ」があります。

活生酸素を除去するSODも作られるのです。

そのほかにも、でんぷんやタンパク質、脂質、食物繊維を分解する酵素

もつくられます。

これらの強力酵素は、食事で摂り入れた栄養素を吸収しやすいかたちに

分解して、腸内環境を整えます。

その結果、代謝が向上し、免疫力も高まるのです。

スポンサードリンク

納豆菌がパワーアツプする

納豆の原材料の大豆には、さまざまなビタミンやミネラル、抗酸化栄養素

が含まれますが、納豆製造に用いられる納豆菌がこれらの栄養素を

バワーアップします。

 

○ビタミンK--大豆の124倍

出血の際に血液を固めて止血したり、骨の形成を促進したりする作用が

あります。

血管の健康、骨粗しょう症の予防に役立ちます。

 

○パントテン酸--大豆の12倍

糖質、脂質、タンパク質の代謝とエネルギーづくりに不可欠な酵素を

助ける役割を持ちます。

コレステロールやホルモンの合成にもかかわり、皮膚や粘膜の健康維持を

助ける働きもあります。

 

○ビタミンB2--大豆の6倍

糖質、脂質、タンパク質の代謝を支えたり、アルコールの分解を助けたり

する働きがあります。

過酸化脂質の生成阻止、皮膚や粘膜の健康維持といった作用もあります。

 

○葉酸--大豆の3倍

ビタミンB12(脳からの指令を伝える神経を正常に保つ役割もある)

と協力して赤血球中のヘモグロビンをつくる働きがあります。

不足すると、動脈硬化の原因となるホモシステインの血中濃度が

高くなります。

 

○大豆イソフラボン--大豆の2倍

女性ホルモンと似た働きを持ち、骨粗しょう症や脳卒中、心疾患の予防

のほかに、乳がんの発がんを抑えたり、善玉コレステロールを増やして

悪玉コレステロールを減らしたりする作用もあります。

美白作用や保湿性の向上といった肌の美容効果も知られています。

 

納豆の一粒は栄養素の展示場

納豆の一粒には、糖質の代謝を助けエネルギーづくりに重要なビタミンB1、

抗酸化作用が強力なビタミンEも豊富です。

カルシウムも食物繊維も摂りやすい食材です。

食物繊維は、1パックに人参1本分もの量が含まれています。

 

納豆菌自体もパワフルな菌です。

乳酸菌と同じように細菌を撲滅する強力な抗酸化作用を持ちます。

納豆は代謝を向上させて、成長ホルモンの材料となるアミノ酸を

含むことから、強い体づくりに欠かせない食材なのです。

 

脳梗塞を防ぐ「ナットウキナーゼ」

血のかたまりである「血栓」を溶かす作用のあるナットウキナーゼの

効果は、食後10~12時間持続します。

血栓ができやすい時間帯は、睡眠時や起床時です。

脳梗塞予防には、夕食で納豆を食べるのが効果的となります。

ナットウキナーゼ効果で、血液がサラサラになれば、酵素や栄養素が

全身の細胞に行きわたります。

 

すると、疲れや冷え、むくみ、シワ、シミ、肌のくすみなどの

予防・解消効果もあります。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿