健康長寿 若返り

若い体をつくるタンパク源-肉の食べ方 !

2021/07/12

肉はアミノ酸スコアがパーフェクト

パーフェクトな健康食材の代表が、牛や豚、鶏などの肉です。

しかし、肉の摂り過ぎには問題があります。

 

人の体は、6~7割が水分で、2割がタンパク質でできています。

タンパク質は、筋肉や内蔵など体の重要な組織をつくっています。

タンパク質は、「生命の源」といわれる20種類のアミノ酸の集合体です。

 

20種類のうち9種類は体内でつくられないために、食物から摂らなければ

なりません。

この9種類を「必須アミノ酸」といいます。

 

体にとって理想的な必須アミノ酸の量、組み合わせのバランスを評価して

点数化したのが「アミノ酸スコア」です。

牛・豚・鶏の肉は、このアミノ酸スコアが最高の100なのです。

 

肉は幸せホルモンが増える

リンパ球などの免疫細胞は、タンパク質からつくられます。

免疫細胞が正常に働くには、上質なタンパク質が必要なのです。

上質なタンパク質である肉は、免疫力強化に欠かせない食材なのです。

 

肉は、若い体をつくる亜鉛、鉄などの大切つなミネラルの供給源でも

あるのです。

肉を食べると、幸せホルモンともよばれる「セロトニン」という脳内物質

が増えることがわかっています。

前向きに明るく生きていくうえにも、必要な食材です。

 

肉の摂取は週3回程度に制限する

しかし、肉の摂取は週3回程度に制限するほうがよいのです。

それは、以下の理由によります。

○日本人はタンパク質の消化力が弱い

○肉料理は油を使うものが多い

○肉に含まれる脂肪が魚のほうが健康によい

 

動物性タンパク質は消化力の点で、発がんのリスクを高めますが、

多く含まれる動物性脂肪も生活習慣病を誘発する原因となります。

 

動物性脂肪は、飽和脂肪酸といって、動物の体内では液状を保ちますが、

動物より体温が低い人の体内に入ると固まりやすくなります。

つまり、エネルギーとして消費されないと、体に蓄積されて、中性脂肪の

主成分となります。

 

飽和脂肪酸を摂りすぎると、LDL(悪玉)コレステロールを増やして血液を

ドロドロにします。

そして、動脈硬化の引き金になるだけでなく、免疫力を低下させたり、

遺伝子を傷つけたりして発がんを促すのです。

 

肉は、日常食として欠かせない食材ですが、メリット・デメリットを

考慮すると、食べる量と回数の制限が必要なのです。

 

鶏肉がおすすめ

肉は、なるべく鶏のささみや胸肉を摂るようにします。

健康な人であれば、鶏肉だけなら1日1回でも心配はありません。

鶏肉にも飽和脂肪酸が含まれますが、血液をサラサラにする不飽和脂肪酸

の量が豊富なので、おすすめなのです。

 

お問い合わせ

 

お問い合わせ

    -健康長寿, 若返り