1 健康長寿 21ウォーキング

太ももの筋肉を鍛える !

2017/01/05

高血圧・高血糖・脂質異常症になりかけている人は、今までと同じ食生活

を続けていては、血液の状態が改善されません。

その食生活を一番簡単に見直しできるのが「食べる順番健康法」です。

 

なぜ運動が必要か

さらに、その効果を数倍引き出すのが運動です。

運動というと、長時間のジョギングやウォーキング、筋トレなど、

とてもできないと思ってしまうかもしれません。

 

しかし、手っ取り早くて効果のある方法があります。

それは、「太ももの筋肉を増やす」ことです。

太ももの筋肉は、ごく簡単な動作によつて増やすことができます。

スポンサードリンク

なぜ太ももの筋肉が重要なのか

日本人は、欧米人に比べてやせているわりに糖尿病を発症する人が多い

と言われています。

その原因のひとつが、筋肉の量にあります。

 

血液中のブドウ糖は、インスリンのはたらきによつて、細胞へと送り込まれ、

エネルギー源として使われます。

このときにブドウ糖をもっとも多く取り込むのが筋肉で、ブドウ糖の75%

は筋肉で消費されていることがわかっています。

 

やせている人は、その分だけ筋肉量が少ないために、ブドウ糖が血液中に

あぶれ、結果として、血糖値が上がりやすくなつてしまうのです。

こうなると、あまった糖をエネルギーに変えようとして、インスリンが

必要以上に分泌されます。

 

すると、血糖値だけでなく高血圧などにも悪影響を及ぼすことになります。

また、人の体温の40%以上は筋肉から作られるため、筋肉が不足すると、

体温も下がります。

 

体温が下がることで代謝が低下すると、糖や脂肪などのさまざまな老廃物

が燃焼されずに、血液や体の中に残ってしまうのです。

このように筋肉不足は、ブドウ糖の取り込みを低下させるだけでなく、

生活習慣病の要因にもなるのです。

 

太ももの筋肉を刺激するだけ

筋肉には、赤筋と白筋があり、このうち赤筋という筋肉が刺激されると、

糖質の消費量が増えることがわかっています。

 

この赤筋の筋肉細胞の中には、「グルット4」というタンパク質があり、

運動などで刺激を与えると、筋肉細胞の表面に出てきて、血液中のブドウ糖

を筋肉の中に取り込んでいくという優れた作用があります。

 

この「グルット4」を増やし、活性化するためには、赤筋の筋肉量を増やす

ことが大切です。

人の筋肉は全体の70%が下半身に集中しており、とくに太ももの筋肉は、

この赤筋で占められています。

 

つまり、太ももの筋肉を鍛えて、強化する運動ことが

健康改善に直結します。

 

したがって運動といっても、全身運動の必要はありません。

目的は、太ももの禁句を刺激することです。

体に過度な負担をかけず、次の方法で十分なのです。

 

気功ウォーキング

気功ウォーキングの特徴は、腹式呼吸をしながら酸素を体内にたっぷり

取り込み、ゆっくり歩くことです。

ゆっくりでも、確実に太ももの筋肉を動かすため、「グルット4」が

活性化して、ブドウ糖が筋肉に取り込まれやすくなります。

 

鼻から息を吸い、口から吐き出す腹式呼吸をしながら、15分間

ウォーキングをします。

そして2分間休んで、また、15分間同様にウォーキングをします。

30分歩いたら終了です。

 

この気功ウォーキングは、食後30分から1時間後に行うことが理想的です。

毎日実施して、食べる順番健康法と合わせて、健康寿命を延ばしましょう。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿, 21ウォーキング