1 健康長寿 2 ダイエット

食べる順番の効果 !

2017/01/03

人は、長年の習慣をなかなか変えられないものです。

特に、食事の習慣はなかなか変えられませんね。

それでも食べる順番を変えることは、変えるだけの価値があります。

 

日本人の好きな白いごはん

日本人が大好きな「ごはん」は、血糖値を上昇させる「炭水化物」を多く

含んでいます。

炭水化物は体内で分解されると、エネルギー源としてのブドウ糖になります。

 

しかし、例外もあります。

実は、食物繊維も炭水化物の中に含まれているからです。

基本的に、ブドウ糖やショ糖を多く含む果物や甘いお菓子は避けた方が

よいのですが、食べすぎないようにして回数などを決めた方がよいのです。

 

ごはん、パン、イモ類に含まれるでんぷんは、血糖値をゆるやかに上昇

させる糖質ですが、他の食べ物に比べると、食べる回数や量が多いので、

血糖値の上昇に関わってきます。

 

血糖値を上げる糖質の問題は、摂り過ぎ、食べ過ぎにあって、

糖質そのものは不足すると生命活動を維持するためのエネルギー不足に

つながります。

食後の血糖値の急上昇については、野菜を先に食べることによって、

血糖値の上昇がゆるやかになれば、問題はありません。

スポンサードリンク

ごはんやパンを最後に食べると自然に食べる量が減る

炭水化物を最後に食べるというルールを徹底すれば、ごはんやパンを

食べ始めるときには、すでにお腹がいっぱいになって、あまり食べられません。

 

炭水化物は、われわれ日本人は大好物ですから食べ過ぎることがあります。

いきなり、ごはんの量を減らすといっても、なかなかできませんね。

しかし、野菜を先に食べると、お腹がいっぱいになって、満足してしまい、

ごはんの量を自然に減らすことができるのです。

 

野菜から食べると「酸化」と「糖化」が抑えられる

酸化とは、体内の活性酸素が増えることによって、血管などが障害を受け、

動脈硬化などが進む、いわゆる体の中がサビていく状態です。

ところが、カロリー制限をするとと、代謝が抑制されるために、活性酸素

の量が減少し、酸化が抑えられます。

 

糖化とは、食べすぎて血糖値が高くなると、糖とタンパク質が結合して、

異常タンパク質のAGEができます。

この異常タンパク質は、本来のタンパク質の働きができずに、体内に

蓄積されていきます。

 

そして、皮膚のたるみやシミの原因となります。

また、眼の糖化は、白内障や網膜症に、骨であれば、骨粗しょう症となり、

血管は硬くなって動脈硬化が進んでいきます。

さらに脳では、認知症との関連が指摘されているのです。

 

この「食べる順番健康法」では、野菜とともに、タンパク質もしっかりと

食べて、最後に炭水化物も摂るので、栄養のバランスが崩れることが

ありません。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿, 2 ダイエット