10こり

肩こりを治す !

2016/11/24

002

肩こりには2通りある

関節痛や腰痛のほか、多くの人が苦しめられているのが肩こりです。

肩こりは、後頭部から肩甲骨周辺の筋肉の緊張が進行した状態で起こる

自覚症状で、肩や首のあたりが硬くなって、重苦しい不快感や鈍い痛みを

伴います。

 

また、首の筋肉は頭の筋肉とつながっているので、肩こりが原因で

頭痛にもなります。

 

肩こりは、その名称から、一般的に首から肩にかけての筋肉が

こり固まっていると思われがちです。

しかし、首から肩にかけての筋肉には、こり固まっている「こり型

と伸びきって張っている「張り型」のタイプがあるのです。

1a94a8b1595508662bc410a81c379462

筋肉の乏しい女性や、なで肩の人が肩こりになりやすいのは、肩や首の

筋肉が緊張でこり固まっているのではなく、ピンピンに張り伸ばされて

いるからだと考えられます。

弾力のあるゴムが伸ばされて硬くなった状態と同じなのです。

スポンサードリンク

伸びた筋肉が収縮すると筋肉痛になる

なで肩やねこ背の人は、正しい姿勢の人とくらべて、背中がカーブ

しているので、首から背中にかけての距離が長くなっています。

 

そのために、首から肩にかけての筋肉も、伸長した状態になっているのです。

そして、筋肉痛になりやすい状態なのです。

 

「張り型」は、マッサージ効果はあまりない

実際に肩こりに悩まされている人の大半は、張り型の肩こりの人が

多いことがわかっています。

 

張り型の場合、筋肉をほぐすマッサージなど、こり型の治療をしても

効果は期待できません。

 

姿勢の矯正や筋肉トレーニング、ストレッチで

張りきった筋肉の緊張状態を緩和させる必要があるのです。

スポンサードリンク

 

-10こり