1 健康長寿

「低体温」の子供が増えている !

taion_pop

読売新聞によると、

平熱が35度台の「低体温」の子どもが増えているようです。

体力や集中力の低下などの悪影響も指摘される。

多くは生活習慣を見直すことで改善できるらしい。

 

低体温とは

「低体温」とは、1日を通じて体温がおおむね35度台と低めにとどまって

いる状態のこと。

最近はそうした子どもが珍しくないという。

 

全国の小児科医107人を対象に2012年、飲料販売のキリンMCダノンウォーターズ

が行ったアンケート調査では「低体温の子どもが増えている」との

回答が8割近くを占めた。

 

調査を監修した奈良県大和高田市立病院の小児科部長、清益功浩さんは

「低体温は代謝が低下している状態でもあるため、疲れがたまったり

風邪をひきやすくなったりします」と話す。

 

人間の平熱は、生まれた直後は37度以上で、生後100日で37度ほど、

2歳頃で36度台に落ち着く。

夜眠っている時は低く、日中活動している時は高く、という規則的な

体温リズムで生活するようになる。

 

低体温は、このリズムが崩れた状態になる。

早稲田大教授の前橋明さん(子どもの健康福祉学)は

「自律神経の働きが乱れ、体温調節がうまくいかなくなると、低体温になる」

と話す。

 

日中の運動不足で体温を上げる機会が少ないことも原因になるという。

「低体温になると、登校・登園してげた箱の所でぼんやりと座り込んでいたり、

午前中の授業が頭に入らなかったりといったことが起こってきます」と話す。

スポンサードリンク

自律神経のバランス回復

低体温を解消するには、自律神経のバランスを回復すること。

そのためには、規則正しい生活が最も大切だ。

teitaion

まずは遅寝遅起きの改善から。

小学生ぐらいなら、午後8時、遅くとも9時には寝るようにする。

メラトニンというホルモンが分泌のピークを迎える午前3~4時に体温は

最も低くなる。

明け方にはコルチゾールなどのホルモンが出て体温が上がり、

目覚めの準備が始まる。朝食時には体温がある程度上がっている状態になる。

 

ところが、寝るのが午後11時になると、体温の低い時間帯が午前5~6時にずれ、

朝食の時間に体温が上がっておらず、食欲がわかない。

朝食を抜けば、熱量摂取がないため、さらに体温は上がりにくいという

悪循環に陥る。

 

運動も大切

運動も大切だ。3歳児までは午前中に思い切り体を動かす。

ある程度体力がついた4~6歳なら、午後も汗をかく運動をすれば、

夕食をしっかり食べられ午後8時頃には眠くなる。

 

午後にテレビゲームなどで遊んで体力を使わずにいると体が疲れず、

夕食時に小食になったりする。

活動的な時間帯が午後8時過ぎにずれ、眠くなるのは午後10時を過ぎてしまう。

 

日中にしっかり活動して体力を使うことが大事だ。

前橋さんは、幼児期なら親子でふれあう体操、

小学生になったら鬼ごっこやドッジボールなどの運動を薦めている。

 

子供に、元気がないようなら、低体温も考えられます。

家に閉じこもらずに、運動をしっかりとすることが大切です。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿