1 健康長寿 21ウォーキング 5 若返り

筋トレウォーキングの効果 !

2016/11/05

img_art_a

健康長寿や若返りに役立つ筋トレウォーキングですが、

さらに、さまざまな効果をお伝えします。

 

しなやかな血管になる

心臓から全身に血液を送る動脈の壁が硬くなってしまう「動脈硬化」は、

脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気の原因となります。

 

動脈硬化は、加齢やストレス、不規則な生活、バランスの悪い食生活

習慣などによって発生するドロドロ血や悪玉コレステロールが血管の

内壁に異常をもたらし、血管の通り道が狭くなったり、血管の弾力性が

なくなったりして、血管が破れやすくなって起きるのです。

 

硬い動脈は、病気の原因になるだけでなく、全身の血流も悪くします。

弾力性のある血管を持つことが、健康を保つのに必要なのです。

筋トレウォーキングを続けると、硬くなった血管の壁に柔軟性と

弾力性を取り戻すことができます。

スポンサードリンク

自律神経が安定する

疲れやすい、だるいなどの病気とまではいえない体の不調は、自律神経

の乱れによって引き起こされることがよくあります。

ストレスの多い現代は、自律神経が乱れやすく、意識して自律神経を

安定させることが必要です。

imbalance_03

ストレスによって、自律神経が乱れると、休息時でも交感神経が活発に

なったりすると、体が休めずに疲れたり、不調になったりするのです。

 

筋トレウォーキングを継続すると、体に心地よい疲れが残り、

夜にぐっすりと眠ることができ、翌朝の目覚めもよくなります。

そして、夜休息するという生活リズムが整い、自律神経が安定するのです。

 

運動後も脂肪を燃やせる

メリハリをつけて歩く筋トレウォーキングでは、運動後も体の脂肪を

いつもより多く燃やし続けることができます。

 

筋トレウォーキングを実施していると、エネルギー産生が起き、

乳酸も発生します。

筋肉伸縮により、筋繊維がダメージを受けます。

運動後は、運動で傷ついた筋肉の修復がさかんに行われ、エネルギーが

消費され、脂肪が燃えていきます。

つまり、エネルギーの消費効率がよくなるのです。

 

体の痛みに悩まされない

膝や腰の痛みは、治ったと思っても、またぶり返してしまう厄介なものです。

足腰に慢性的な痛みがあると、歩いたりするのがおっくうになりますが、

できる範囲で筋トレウォーキングを行うとよいのです。

 

筋トレウォーキングには、膝や腰などの痛みを和らげる効果もあるからです。

また、腰痛についても、改善できるという報告もあります。

筋トレウォーキングを継続して、体の痛みを改善していきましょう。

s-running

骨折の心配がない足腰をつくる

加齢とともに高まるのが、骨折のリスクです。

骨粗しょう症になったりすると、階段でつまずくなどのささいなことで、

骨折する場合もあります。

 

なかでも気をつけたいのが、「大腿骨頸部骨折」です。

近年、高齢化にともない増加している骨折です。

大腿骨頸部とは、股関節から伸びている大腿骨の付け根の部分です。

この骨は、全身を支える役割をし、日常の動作に大きな影響を及ぼします。

 

大腿骨頸部を骨折すると、手術などで完治しても、歩行が困難になる

可能性があるのです。

 

筋トレウォーキングには、物理的な刺激により、骨に圧力が加わり、

骨を強くすることができるのです。

骨折しにくい強い骨をつくることができるのです。

 

「成長ホルモン」が増える

筋トレウォーキングには、健康のためのメリットがたくさんあります。

そして、アンチエイジングの元となる「成長ホルモン」の分泌を

促すことも知られています。

 

筋トレウォーキングで、主に鍛えられるのは下半身の筋肉。

下半身は、筋肉の量が多いので、

より効率的にホルモン分泌を促せる。

 

成長ホルモンが分泌されると、

アンチエイジングになる。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿, 21ウォーキング, 5 若返り