21ウォーキング

筋トレウォーキングを継続するには !

2016/11/02

walking3

歩くだけで、筋力・持久力が向上する筋トレウォーキングですが、

継続しなければ、効果は期待できません。

継続するための方法を考えてみます。

 

記録する

ウォーキングをするたびに記録をとれば、1週間でどのくらい歩くことが

できたかを確認することができ、毎日の記録の積み重ねによって、

自信にもつながります。

 

ダイエットにしてもそうですが、毎日体重を記録すると、意識が強くなり

行動が伴ってくるようになり、継続して結果も出るのです。

ウォーキング日記を毎日つける。

スポンサードリンク

ライバルを見つける

同世代で運動や趣味に励んでいる人を見つける。

よい競争相手を見つけて、その人に負けないように、筋トレウォーキング

に取り組むことも、継続することに効果があります。

 

あの人が頑張っているなら、わたしも負けずに頑張ろうという気持ちに

なって、挫けそうなときも継続する意欲になるのです。

 

結果を見せる

友人や家族に筋トレウォーキングの成果を話す。

自分のウォーキングの成果を見せることができる場所をつくることも、

ウォーキングを続けるためには大切です。

 

ウォーキングの成果を褒めてもらったり、認めてもらうことが、

運動を続けるためのモチベーションになります。

 

ウォーキング日記

%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e6%97%a5%e8%a8%98

 

筋トレウォーキングを継続するのに役立つウォーキング日記のご紹介です。

筋トレウォーキングを継続すると、次の効果が期待できます。

 

・筋力・持久力がついて。活発に行動できる

・はなやかな血管と強い骨が手に入る

・生活習慣病を予防・改善できる

・体と心も健康になる

・体の痛みが和らぐ

・老化防止(体の酸化防止)

・自律神経が安定する

 

このような素晴らしい効果を期待するために、継続することは

非常に大切なのです。

そこで、ウォーキング日記を毎日記録することで、筋トレウォーキングを

継続していきましょう。

 

記録する項目

・日付

・ウォーキングをした時間  ○○:○○~○○:○○

・ウォーキングの合計時間  ○○分

・歩数           ○○○○歩

・体重           ○○kg

・体脂肪率         ○○%

・気づき

・1週間の合計ウォーキング時間  ○○○分

・1周間の気気付き

 

基本は毎日記録することです。

書ける項目だけでも十分です。

1週間ごとに時間を合計して、見直しと気付きを記録します。

 

効果的に歩くだけで筋肉の6割以上を鍛えられる

ウォーキングや歩行で最もよく動かすのは、太ももやお尻などの

下半身の筋肉です。

これは、筋トレウォーキングでも同様です。

 

わたしたちが歩行のときに使うこれらの下肢筋肉、これらは実に

体全体の筋肉の6割を占めているのです。

何気なく行っている「歩く」という行為で、私たちは体の筋肉の

6割以上を動かすことができているのです。

 

筋トレウォーキングで、背すじを伸ばし、大きく腕を振って歩くことで、

下半身だけでなく、全身の筋肉をバランスよく効率的に鍛えることが

できるのです。

13683583

毎日、筋トレウォーキングを継続して健康と

若返りを手に入れましょう。

スポンサードリンク

 

-21ウォーキング