21ウォーキング

筋トレウォーキングのポイント !

2016/11/01

速歩き

効果の出るポイント

筋トレウォーキングでは、2つのポイントを押さえると、

確実に効果か゜期待できます。

 

【ポイント1】

速歩きのときは、「ややきつい」ペースで、ゆっくり歩きのときは、

「リラックスして」歩くことです。

ややきついペースとは、歩いていると息が切れるくらいの速度。

あるいは、点滅している信号を急いで渡るときの速度。

思い切り話すことはできませんが、軽い会話ができる程度の速度です。

 

ゆっくり歩きのときは、リラックスして歩く。

速歩きで作られた乳酸が、体から抜けていく様子をイメージしながら、

ゆっくりと気持ちよく歩く。

スポンサードリンク

【ポイント2】

速歩きのときは大股で、ゆっくり歩きのときは、普通の歩幅で歩く。

ここで重要なのは、大股で歩くことで、下肢の筋肉を多く使うことができ、

筋力・持久力を向上させることができます。

 

大股で歩くためのコツは、

かかとから着地することを意識する。

背すじをまっすぐ伸ばす。

25メートルくらい先を見て歩く。

膝を90度くらいに曲げて、腕を大きく振る。

 

自分に合ったやり方で実践する

top_img01

筋トレウォーキングでは、「30分のウォーキングを週4回」が基本ですが、

必ずこのスケジュールで行う必要はありません。

1週間で合計120分以上の筋トレウォーキングができれば良いのです。

 

1週間で合計120分以上できれば効果が出ますから、

自分に合った時間配分と回数を考えて、実践すれば良いのです。

スポンサードリンク

 

-21ウォーキング