1 健康長寿 5 若返り

下半身の筋肉を鍛えると長生き !

2016/10/16

121211_07

筋肉量を気にする人は少ない

40代になってくると、体にどこか悪いところが出てきます。

メタボによって、血圧や血糖値、コレステロール値などが高くなってきます。

 

そのまま放っておくと、動脈硬化が進んだり、生活習慣病を発症するリスクが

高まります。

野菜を多目に摂ったり、脂肪分を減らしたりと食生活に気を使っている人も

多いのではないでしょうか。

わたしもそうです。

 

同じように、老化を左右する「筋肉」に気を配っている人はいるでしょうか。

血圧や血糖値、コレステロール値を気にする人はいますが、筋肉量を

気にする人は、ほとんどいませんね。

スポンサードリンク

太ももの筋肉が少ない人は短命?

筋肉量は、血糖値や血圧の値と同じくらいとても重要なものなのです。

実際に「筋肉の少ない人は短命」という調査結果もあります。

yjimageh1pnss7r

2009年に、デンマークの研究者による報告によると、

「太ももの周囲が60センチ未満の人は男女ともに12年以内に死亡した

人が多く、なかでも46センチ未満のグループでは、死亡する確率が

高かった」という12年間にわたる調査結果があります。

 

太ももの大きさを決めるのは筋肉です。

40代を過ぎたら、健康のために筋肉をしっかり鍛え、筋肉量を保つ

ことが非常に大切なのです。

 

筋肉はジムに通わなくても鍛えられる

筋肉を鍛えるというと、ジムに行って、ハードなトレーニングを想像する

かもしれませんが、ご安心ください。

 

中高年の人が、重点的に鍛えたい筋肉は、足腰に多くある遅筋(赤筋)と

呼ばれる筋肉です。

この筋肉は、日常生活の簡単な運動で、十分鍛えることができます。

 

運動をあまりしてこなかった人は、まず、歩くことから始めましょう。

おすすめは、30分間の早歩きです。

通常よりやや速いスピードのウォーキングを毎日30分行います。

 

最初は、きついかもしれませんが、毎日継続すると、すぐに慣れてきます。

長く継続することが重要です。

赤筋の鍛え方は、こちらを参考に

http://nikoniko2255.info/?p=7328

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿, 5 若返り