1 健康長寿 5 若返り

抗酸化物質は種類を多く摂る !

2016/10/14

1379204

これが一番効くはない

抗酸化物質はいろいろありますが、「いったいどれが一番効くのだろうか」

と思うのではないでしょうか。

結論からいえば、これが一番というものはありません。

 

抗酸化物質には、それぞれに持ち場があり、お互いに助け合って相乗効果

を生み出すものも少なくありません。

したがって、抗酸化物質は、できるだけ多くの種類を、まんべんなく

摂ることが大切です。

 

その意味で、抗酸化物質が多く含まれている緑黄色野菜などを中心に、

バランスの良い食事を摂ることが必要になるのです。

 

また、たとえば、お酒を飲むなら白ワインよりは、赤ワインを選ぶという

ように、日常生活では、抗酸化物質を多く含む食品を摂るようにすれば

よいのです。

スポンサードリンク

抗酸化物質は不足分を補充する

ただし、赤ワインがよいからといって、それだけを飲んでいても意味が

ありません。

これまで緑茶を飲むのが習慣だった人が、緑茶をやめて赤ワインを飲む

習慣にする。

これもまた、同様に意味があるとは思えません。

抗酸化物質は、多種類を同時に摂取する。これが基本です。

 

この基本は、サプリでも変わりません。

少量多種類を飲むことをおすすめします。

たとえば、あるサプリに「1日の目安は5粒」と書いてあったとすると、

それだけを5粒飲むよりは、5種類を1粒ずつ飲むほうがよいのです。

 

さらに、自分に不足している成分を補うようにすれば、より効果的です。

数多くある抗酸化物質ですが、生活環境や食習慣によって、それぞれ

不足している成分は違います。

 

理想としては、何が不足しているかを調べて、その上で、不足分を

補うようにするとアンチエイジングは万全となります。

 

ストレスにはビタミンC

yjimage

ストレスが体を酸化させて、老化を促進する原因のひとつになることは、

すでにご存知だと思います。

 

ストレスによって、フリーラジカルが発生するためで、これを消去する

ために、ビタミンCが欠かせません。

なぜなら、ストレスがかかったとき、それに対抗するために、副腎から

コルチゾールとよばれるホルモンが分泌されますが、このときも大量の

ビタミンCが消費されることがわかっています。

 

つまり、ストレスは、ビタミンCを二重に消費するために、ストレスが

多い人は、慢性的にビタミンCが不足しているといえます。

しっかりとビタミンCを補充しましょう。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿, 5 若返り