13メタボ脱出

脂質異常症とは !

shishitu_4p

脂質代謝の異常

代謝とは、生体内の化学反応のことで、食べ物が体内に入ると、

各種栄養素に分解されて、新しい細胞をつくつたりエネルギーを得たり

することです。

 

血液中の脂質も代謝によって、細胞膜やホルモンの材料になったり、

エネルギーになったりするのですが、脂質の代謝に異常が起きると、

脂質が有効に使えずに、血液中に滞留して健康を阻害します。

 

その結果、血液中に溶けている脂質の値が、必要量よりも異常に多い

あるいは少ない状態になります。

これが脂質異常症なのです。

スポンサードリンク

サイレントキラー

厚生労働省の発表によれば、脂質異常症が疑われる人は、少なくとも

1400万人いると推計されています。

 

そして、生活習慣病の中でも「サイレントキラー」と呼ばれるものの

ひとつで、自覚症状が現れず、静かに進行していくために、血液検査を

しない限りは、脂質異常症は、わからないのです。

 

血液中の脂質とコレステロール

血液検査では、血液の血清を検査材料として使います。

そして、血清内の成分量を測定します。

 

その検査項目のひとつに、脂肪成分がどのくらいあるかを調べる検査が

あります。

「血清中の中性脂肪やコレステロールなどの脂質が多い」、

「善玉コレステロールが少ない」という状態が、脂質異常症です。

 

高脂血症

脂質異常症は、かって「高脂血症」と呼ばれていました。

これまでは、基準値を超える高い数値を異常としてきたのですが、

善玉コレステロールが少ない状態と、「高」という表現が合わないために、

2007年から「脂質異常症」と呼ぶようになったのです。

 

名称だけではなく、診断基準にも少し変化がありました。

従来の高脂血症では、血液中の総コレステロールと中性脂肪の値が

特に高くなっている状態を指しましたが、

脂質異常症では、総コレステロール値を診断基準からはずしています。

 

総コレステロール値が高くても、善玉コレステロール値が高く、

悪玉コレステロールが低ければ、動脈硬化のしんばいがないからです。

shishitu_6p

 

善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすように

生活習慣を変えていきましょう。

スポンサードリンク

 

-13メタボ脱出