2 ダイエット 20ココナッツオイルダイエット

ココナッツオイルでケトン体を増やす !

2016/08/17

o0500032312363380306

ケトン体を合成する

糖質制限をしても、すぐにケトン体が合成できるかどうかは、個人差があります。

なかには、ケトン体回路のスイッチがなかなか入らない人もいます。

 

その場合、ケトン体がうまく合成されるようになるまで、空腹感に悩まされたり

気力や体力が落ちたように感じたりします。

これらは、ケトン体が合成できるようになれば、感じなくなります。

無理なくケトン体回路のスイッチを入れる方法として、ココナッツオイルが

おすすめなのです。

 

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、摂取するとすぐに消化・吸収されて

肝臓に運ばれ、ケトン体が合成されるのです。

その代謝は、早く、ココナッツオイルの摂取後3~4時間後には、ケトン体の

血中濃度がもっとも高くなります。

 

ココナッツオイルは、ケトン体の合成を促進するだけでなく、食欲も抑えて

くれます。

ケトン体の血中濃度が高い状態を保てれば、糖質を制限してもおなかが減った

と感じにくくなります。

スポンサードリンク

ココナッツオイルが食欲を抑える

食欲をコントロールしているのは、インスリンとレプチンですが、

肥満していると、これらがうまく作用しなくなり、食べても満足感が得られず、

食欲が抑制できないために、過剰に食べてしまいます。

57420adc096489dee4e21e272f01c59d

ケトン体が、この異常な食欲の改善に役立つ可能性を示しています。

さらに、ココナッツオイルには、脳のグルコキナーゼを抑制する作用が

あります。

これにより、食前にココナッツオイルを摂取すると、糖質への欲求が

抑えられるようなのです。

 

ココナッツオイルは、摂取後3、4時間で血中濃度がもっとも高くなります。

食事の前にココナッツオイル入りのコーヒーを飲むと、糖質に対する欲求が

抑えられ、食べ過ぎの予防につながります。

 

朝と、午後3時頃にココナッツオイル入りコーヒーを飲むようにすれば、

空腹感や甘いものを食べたいと欲求に悩まされることがなくなるのです。

スポンサードリンク

 

-2 ダイエット, 20ココナッツオイルダイエット