4 糖尿病 41糖質制限

糖尿病改善に効果大のケトン体質 !

2e9866efbaf871c76cb4f23c1f1e1074

糖尿病改善とダイエットに効果がある

ケトン体質を作る方法です。

ココナッツオイルと糖質制限が基本となります

 

糖質制限が基本。炭水化物を控える

体の中で、エネルギー源として優先的に使われるのはブドウ糖です。

そのため、炭水化物中心の食生活では、体内にブドウ糖が十分あるので、

ケトン体をエネルギー源としてうまく利用することができません。

keton2

ケトン体質の基本は、糖質制限です。

糖質とは、炭水化物(ごはん、パン、めん類、いも類、お菓子など)の大部分

を占める成分です。

食事は主食を抜いて、おかずだけを食べて、間食も控えるのが基本です。

スポンサードリンク

ココナッツオイルが糖質依存からケトン体質の橋渡しになる

今までの糖質制限と違う点は、ココナッツオイルを組み合わせることです。

通常ケトン体は、ブドウ糖をエネルギーとして使えない、いわゆる飢餓状態

になって初めて体に蓄えた脂肪を分解して作りだされます。

 

そのために、糖質たっぷりの食事に慣れている人が急に糖質制限をすると、

しばらくはイライラするようです。

そこで、ココナッツオイルを利用します。

yjimage2

ココナッツオイルの主成分である中鎖脂肪酸は、すばやく消化吸収され、

効率よくケトン体をつくり出します。

つまり、ココナッツオイルを利用することで、体は糖質依存からケトン体質

へと、苦労することなく切り替わりやすくなります。

 

ココナッツオイルで食欲をコントロール

糖質制限食にココナッツオイルを組み合わせた食事スタイルを始めると、

「おなかがすかない」と感じられる人が多いそうです。

食欲は、血糖値が上下することで、インスリンが刺激されて「糖質を欲しがる」

というサインです。

 

糖質制限とココナッツオイルの組み合わせでは、ケトン体からエネルギーを

スムーズに作り出せるようになるために、血糖値が安定し、食欲も抑える

働きも持っているのです。

ケトン食-thumb-400x257-3731

糖質制限は、カロリーが関係ないので、肉や魚もしっかり食べられる。

ココナッツオイルがダイエットをサポートします。

 

ココナッツオイルはどのくらい摂る?

ココナッツオイルは、温かい飲み物に入れるのが手軽で、おいしく飲めます。

一度にたくさん摂るとおなかがゆるくなる場合がありますから、分けて

摂ります。

yjimage

目安としては、1回の分量は大さじ一杯ですが、多いと感じられる場合は、

分けて摂るようにします。

さらに1日に3回を目安にします。

 

ココナッツオイルはいつ摂る?

食前に摂ることで、食欲を抑える効果が期待できます。

ココナッツオイルの主成分である中鎖脂肪酸は、すばやくエネルギーになり、

摂取後3時間がピークとなって、10時間以内にほとんど分解されます。

 

中鎖脂肪酸の効果を最大限に活かすなら食事の3時間前が理想です。

3時間後、ケトン体が効いているタイミングで食事をとれば、食べ過ぎ予防

につながります。

 

とはいっても、ココナッツオイルは薬ではないので、あまり神経質になる

必要はありません。

 

目覚めの一杯、午前と午後のティータイムに一杯ずつ、と自分の生活に

合わせて取り入れればよいのです。

スポンサードリンク

 

-4 糖尿病, 41糖質制限