5 若返り

発酵食品を積極的に摂る !

img_kouso_06

腸の若返り

腸内環境を整えるためには、プロバイオティクスを

積極的に活用したいものです。

 

プロバイオティクスとは、

「生きたまま腸に届き、腸内環境を整え、

体によい働きをする微生物やそれを含む食品」のことです。

スポンサードリンク

ビフィズス菌

具体的には、ビフィズス菌などの善玉菌が入ったヨーグルトや乳酸菌飲料、

ぬか漬け、納豆、味噌などの発酵食品のことです。

ビフィズス

ヨーグルトや乳酸菌飲料は、便秘や下痢の改善といった整腸作用だけでなく、

花粉症やアトピー性皮膚炎の抑制、抗がん作用、血圧降下、胃がんの原因となる

ピロリ菌の抑制など、さまざまな効果があるとされています。

 

ところで、プロバイオティクスは、「生きたまままま腸に届く」といわれて

いますが、実際には、微生物がそのまま腸内に定着することではないのです。

 

実際には、乳酸菌やビフィズス菌が代謝を行い、乳酸や酢酸を産出し、

それらが、腸壁に刺激を与えて、せん動運動を活発にするので、

便秘が解消されて、善玉菌が優勢になります。

 

さらに、腸内が酸性に傾くことで、アルカリ性を好む悪玉菌を抑制する

効果も期待できるのです。

 

最近では、乳酸菌やビフィズス菌は、生きている、いないにかかわらず、

免疫細胞を刺激して、免疫のバランスを調整します。

そのために、健康増進効果が期待できるのです。

スポンサードリンク

 

-5 若返り