19ロコモ 2 ダイエット

筋肉量を増やせばダイエットにもなる

2016/06/04

yjimage

ロコモ対策で筋肉を増やすことは、ダイエットにもつながります。

40歳を過ぎると「運動や食事制限をしても、なかなかやせない」という人も

多いのではないでしょうか。

 

それは、筋肉量が減り、基礎代謝も減っていることが原因と考えられます。

筋肉量が多い人のほうが基礎代謝は高く、同じ運動をしていても基礎代謝が

低い人に比べ、消費カロリーが高くなり、脂肪を燃焼しやすくなるのです。

スポンサードリンク

筋肉が1キロ減ると、消費カロリーが1日約50キロカロリー減るといわれて

います。

これを1年で考えると、1万8250キロカロリーも消費しなくなってしまうのです。

体脂肪に換算すると2.5キロ分です。

diet_1

つまり、筋肉が1キロ減ると体脂肪が2.5キロ増えてしまうということです。

いくつになっても、筋肉量を増やして運動すれば、代謝はアップします。

代謝のいい体を目指すなら、肉体が疲れることでも嫌がらないようにします。

 

代謝を上げるためには、まずは、日常生活から活動量を増やしていきます。

エレベータの利用をやめて、階段を使うだけでも下半身の筋肉量が増えます。

そうすれば、筋力アップへのモチベーションも高まり、その後筋トレに取り組む

ようになると、ロコモのリスクは減っていきます。

 

また、メタボ対策で、食事制限をして内蔵脂肪を減らして体重が減っても、

同時に筋肉まで減ってしまうと、今度は将来寝たきりというリスクになります。

IMG_00027

ロコモ対策のためには、内蔵脂肪を減らすだけでなく、筋肉を増やすことを

忘れないことが、大切です。

 

筋肉をつくってくれる良質のタンパク質(卵、牛乳、鳥の胸肉、マグロの赤身等)

を意識して摂るようにします。

スポンサードリンク

-19ロコモ, 2 ダイエット