21ウォーキング

ウォーキングの効果 !

yjimage

ウォーキングは、ぜひおすすめしたい健康法です。

では、ウォーキングには、どんな効果があるのだろうか。

ウォーキングは、生活習慣病の予防や改善に大きな効果が期待できます。

さらにそれ以上の効果も期待できるのです。

病気の改善としての効果

肥満や高血糖、高脂血症といった生活習慣病をはじめ、骨粗しょう症、

痛風などの運動不足が原因で起こる病気に対して効果を発揮します。

yjimage2

体力増進効果

ウォーキングには筋肉の持久力を高めたり、バランス機能を回復させて

転倒やケガを防ぐ効果があります。

心理的効果

景色や環境のよいところを歩くと気分がかわり、心が落ち着く

リラクゼーションの効果があります。

yjimage4

日常生活が変わる

ウォーキングを習慣にしていると、日常生活が大きく変わります。

運動不足の解消には、ランニングや水泳でもかまわないのですが、

ランニングや水泳には、それなりの準備が必要になります。

 

それに対して、ウォーキングは、特に準備の必要がなく、いつでもどこでも

行うことができます。

日常生活には、歩くということが含まれていますから、オン・オフの区別なく

行うことができるのです。

 

ウォーキングが習慣化してくれば、歩くことが楽しくなり、外に出たくなります。

たとえば、エレベーターを使っていた人が、階段を使うようになる。

こうなってしまえば、普通の生活の中で運動と同じ効果が得られます。

 

歩くことを習慣化してしまえば、行動そのものが、活動的、積極的になり、

精神的な面でも自立する力が強くなってきます。

そして、健康長寿を延ばすことも可能となってきます。

 

ぜひ歩くことを習慣化するようにおすすめします。

無理はしなくてもよいのです。

 

-21ウォーキング