7 高血圧

高血圧の人は夕食前に入浴する !

2016/06/04

yjimage

風呂は夕食の前にすます

外から帰って夕食と入浴とどちらが先ですか?

 

あなたが高血圧だとしたら、食事の前に入浴することが大切です。

食後の入浴は、心筋梗塞や脳卒中の発作を招くおそれがあるのです。

 

食事のあとは、消化と吸収を行うために血液は腸に集まります。

一方で、脳や心臓を流れる血液の量は減っています。

 

これが、いわゆる食後低血圧と呼ばれる生理現象で、食事のあとに眠くなったり

するのは、そのためです。

その程度なら問題はありませんが、人によっては、めまいやふらつきを起こし

たり、ひどい場合は失神したりします。

そして、血圧の高い人ほどさういう傾向があります。

スポンサードリンク

血圧を上げない入浴の方法

高血圧の人の入浴については、ほかにも注意点があります。

風呂あがりに飲むビールのおいしさは格別ですが、それを味わいたくて、

わざと入浴でのどをカラカラにするのは、大変危険です。

 

入浴中に失われる水分は、およそコップ1杯です。

その分、血液がネバネバになって血流が悪くなります。

すると、心臓に負担がかかってしまい、血圧が上がるのです。

 

また、長い時間湯船につかっていると脱水症状をおこし、風呂の中で倒れる

といった心配もあります。

これらを予防するためには、入浴前に必ずコップ1杯の水を飲むことです。

yjimage6

次に気をつけなければならないことは、入浴時の温度差です。

脱衣所で裸になると寒さを感じて血管が収縮し、血圧が上がります。

そして、冷えた体で風呂に入ると、熱い湯で皮膚が刺激されて血圧はさらに

上がります。

 

体がほぐれ、血管が広がる湯の温度は38度くらいですが、これより温度の高い

湯の場合は、血圧をあげやすいのです。

そして、お湯につかるのは、5から10分までにしましょう。

yjimage7

また、肩までお湯につかることは控えましょう。

体がお湯にどっぷりつかっていると、それだけ水圧がかかり、血圧が高く

なります。

お湯が胸のあたりにくるように調整しましょう。

スポンサードリンク

-7 高血圧