16自律神経

ストレスはセロトニンでリセット !

2016/04/24

yjimageG9BNJRA6

ストレスは、仕事をしていればそれなりに感じます。

ストレスは、人間関係がやはり主な原因といわれています。

 

ストレスは体内で過剰な活性酸素を生み出す大きな要因です。

肌も体も心も老化させてしまいます。

ストレスは、できるだけためないで発散する方がよいのです。

yjimageXTT673ZE

簡単な方法として、ウォーキングがあります。

1時間くらいウォーキングをすると、気持ちは落ち着いてきます。

さらに、仕事やストレスの要因などを忘れることができるのです。

 

できるだけ、風景などに目を向けて、余分なことは考えないようにします。

歩くことは、脳を活性化し、心をリラックスさせる「セロトニン」という

神経物質をつくる作用があるといわれています。

08020201SPP00018G080124T

また、幸せホルモンのドーパミンも分泌されます。

そして、最後に加速度トレーニングを行って、セロトニンを放出します。

 

ストレスを発散することを目的として、脳を活性化し、気分転換を図る

ことが大切なのです。

 

ストレスは、その日のうちに解消して、翌日に持ち越さないことです。

 

img62338989

 

-16自律神経