13メタボ脱出 2 ダイエット 5 若返り

筋肉を増やせば老化は防げる !

2016/06/04

yjimageW1HI8QDE

肥満はなぜいけないのか

健康にとって、肥満が大敵なのは言うまでもありません。

からだを動かさない生活を続けていると、脂肪を燃やす筋肉が減る一方で、

からだは徐々にやせにくい体質へと変化してしまいます。

 

脂肪を燃やすには、ウォーキングなどの有酸素運動が効果的と考えている人も

多いと思います。

しかし、それだけではやせるには少し無理なのです。

 

有酸素運動でも痩せる脂肪はごくわずかです。

たとえば、1時間ウォーキングしても、燃やせる脂肪はおよそ10グラム、

消費カロリーでいうと、100~150kcalで、おにぎり1個分にもなりません。

 

わたしたちが消費するカロリーのうち7~8割は、からだを動かしていない時に

使われています。

呼吸をしたり、心臓を動かしたり、といった生命を維持するために必要な

エネルギーとして使われているのです。

スポンサードリンク

これを基礎代謝といいますが、その半分近くを筋肉が担っているのです。

筋肉がしっかりついている人は基礎代謝の量が多く、じっとしているだけで

エネルギーが消費されやすいために、太りにくいからだの持ち主といえます。

 

反対に、筋肉の少ない人は基礎代謝の量も少ないので、エネルギーは消費

されずに脂肪となってからだに蓄えられてしまうのです。

yjimageQ0V7ISYE

なぜ筋肉を増やさないといけないのか

脂肪を効率よく燃やすために必要な筋肉ですが、肥満の人は、運動量が少ない

人も多いために、どうしても筋肉不足の状態になりやすいのです。

 

筋肉が不足している状態で、食べる量を減らすと、一時的に体重は落ちますが

脂肪と一緒に筋肉も落ちてしまうため、さらに代謝が悪くなって、太りやすい

体質になってしまうのです。

 

筋肉不足は、ダイエットだけでなく、健康面でもマイナスとなります。

特に「コア」と呼ばれる胴体の筋肉が不足すると、さまざまな不調が発生します。

腹筋群が衰えると内蔵が下がってしまい、腸が圧迫されて、腸の働きが悪く

なって、便秘になったり、姿勢が悪くなり背骨に大きな負担をかけることも。

 

運動で筋肉を増やすと、何が期待できる

筋肉が増えると、脂肪が燃えやすくなり、新たな脂肪もつきにくくなります。

食べることをがまんしなくても、ダイエットに悩まなくなります。

yjimageFV8DDIQX

また、からだのラインが美しくなります。

お腹や背中の筋肉は背骨や骨盤を正しい位置に保って、正しい姿勢をキープ

する役目も果たします。

 

さらに、筋肉を増やす過程で分泌されるのが成長ホルモン。

これは脂肪の分解を促すほかに、美肌効果もあります。

新陳代謝を活発にして、肌をつくる細胞を活性化したり、再生を手助けします。

 

さらに、筋肉が増えるとからだが軽くなって、疲れにくくなるため、より

行動的になります。

運動することで、からだの中から若返ることができるのです。

スポンサードリンク

-13メタボ脱出, 2 ダイエット, 5 若返り