1 健康長寿 5 若返り

皮膚と骨の若返りに「コラーゲン」がいい !

2016/04/13

collagen_img

コラーゲンは、皮膚の70%を占めるタンパク質で、細胞同士をくっつけるのり

のような働きをします。

コラーゲンが不足すると、皮膚は弾力を失い、シワの原因となります。

 

また、コラーゲンは骨の組織にカルシウムが定着するのを助けます。

特に関節の軟骨部に多く存在し、潤滑油のような働きをしているのです。

 

このように重要なコラーゲンですが、加齢とともに量は減ってきます。

鶏の手羽先や、ガラなどの煮汁を冷やした煮こごりがコラーゲンですが、

以前は、コラーゲンを食べてもタンパク質酵素で組織がズタズタになり、

アミノ酸になって吸収されるので、意味がないといわれていました。

0003

しかし、最近になって、完全にズタズタにならない状態で、体内に吸収される

ことがわかりました。

 

体外から取り入れたコラーゲンが、直接効いているかどうかは不明ですが、

皮膚のコラーゲンが増えることがわかっています。

kora-gen02-2

ある実験で、骨折したネズミにコラーゲンを食べさせると、普通のエサを

食べたネズミよりも骨の回復が早いという結果があります。

 

コラーゲンを摂ることは、若さと健康にはよいということが分かります。

積極的にコラーゲンを摂ることををおすすめします。

美・皇潤

 

-1 健康長寿, 5 若返り