1 健康長寿 5 若返り

赤い食べ物が若さをつくる !

2016/06/26

image

「スイカ」が若さをつくる

夏を代表する果物といえば、スイカですね。

水分ばかりで、健康に役に立ちそうにないと思われますが、

決してそんなことはありません。

スポンサードリンク

第一に、暑くて汗をかきやすい時期に水分補給は大事です。

それ以上に注目したいのが、「カリウム」なのです。

 

食塩の摂りすぎが血圧を上げることはよく知られています。

食塩の主成分はナトリウムです。

食塩の摂取により、血液中のナトリウム濃度が上がると、

血管の周りの水分が血管内に引き込まれ、ナトリウム

濃度を下げようとします。

 

その結果、血液量が増え、血管にかかる圧力が高くなります。

スイカに多く含まれるカリウムは、ナトリウムの排出を

うながし、血圧を下げる作用があることがわかっています。

 

カリウムは調理で失われやすいので、ゆでたり、煮たり

せずに、生で食べるのがベターです。

その点、スイカなら生で食べるのが一般的なので、

カリウムを多く摂ることができます。

 

また、スイカが赤いのは、「リコピン」が豊富な証拠。

リコピンには、強い抗酸化作用があって、アスタキサンチン

と同様の効果があります。

 

さらに、スイカは「食物繊維」が豊富なのです。

夏はスイカに限る。といっても過言ではありませんね。

 

「柿」、「トマト」も若さをつくる

image2

天然色素成分でよく知られているものに、「カロテノイド」

と、もうひとつ「フラボノイド」があります。

「フラボノイド」はポリフェノールの一種で、6000種類

異常が見つかっています。

 

その中のひとつに、柿の実に含まれている「タンニン」

があります。

 

一方で、「カロテノイド」は、約600種類見つかっており、

トマトの赤色をつくっている「リコピン」もそのひとつです。

yjimage2

カロテノイドは「脂溶性」、フラボノイドは「水溶性」

と、性格は違いますが、大きな共通点があります。

それぞれの仲間には、フリーラジカルの消去に大きな

力を発揮する抗酸化作用の強いものがあります。

 

タンニンやリコピン、アスタキサンチンには抗酸化作用を

持つ成分が含まれているのです。

 

柿やトマトは、若さをつくってくれる食品といえます。

スポンサードリンク

 

-1 健康長寿, 5 若返り