1 健康長寿 5 若返り

酸化ストレスとおさらばする!

2016/03/31

酸化ストレス

何事もほどほどが大切です。

酸化ストレスにおいても、ゼロでも過剰でもダメです。

適度な状態が健康保持や老化防止の重要なポイントです。

 

そのためには、二つの方向からのアプローチをします。

 

一つは、酸化ストレスを過剰に作り出さないようにすること。

激しい運動、食べ過ぎ、精神的ストレスは酸素毒を

増やし、酸化ストレス過剰状態をつくりだすので、

これらを避けるようにすること。

yjimage

適度な運動をし、食べ過ぎないようにして、趣味や旅行

などでストレスを解消します。

こうした生活が酸化ストレスの過剰を制御します。

yjimage4

紫外線や廃棄ガスなども酸化ストレスをつくり出します。

とくに紫外線は強力な酸化ストレスを作り出す元凶です。

外出するときには、UVカット化粧品を使ったり、紫外線の

少ない時間帯を選ぶなど、紫外線にあたる量を少なくする

工夫をします。

yjimageOVCIJNVW

また、多くの食品には健康に影響はないとされてはいる

ものの、さまざまな形で化学物質が使われています。

わたしたちのからだの中は、昔に比べて、確実に酸化ストレス

が増えていることは、間違いありません。

 

本来であれば、体内にある抗酸化物質だけで、対応できる

のでしょうが、今ではそれだけでは足りません。

そうなれば、体外から抗酸化物質を取り入れるしかありません。

これがもう一つのアプローチです。

アスタキサンチン、タンニン、リコピン、ビタミンC、

ビタミンEなどは、おすすめの抗酸化物質です。

抗酸化物質を含む食品画像

 

復習しておきます。

アンチエイジングを達成するには、

1.酸化ストレスを過剰に作り出さない。

2.抗酸化物質を積極的に取り入れる。

 

この二つのアプローチなくしては実現できません。

 

-1 健康長寿, 5 若返り