4 糖尿病 41糖質制限

夕食は糖質制限のチャンス !

2016/07/16

yjimageWMCQZEEZ

夜遅く糖質を摂ると、消費しないまま寝ることになり、

余った糖質は脂肪として蓄えられることになる。

 

夕食のときは、朝食、昼食よりもしっかりと糖質制限を

することが必要です。

 

いかにも大変そうですが、結局は、主食を制限すれば、

肉でも魚でも、あまり制限しなくてもよいのです。

 

夜は外食の機会が多いと思います。

外食するなら、和食よりもフレンチやイタリアンの

洋食系がおすすめです。

 

和食は、味つけに砂糖、日本酒、みりんなど糖質の多い

調味料を使っていますが、フレンチやイタリアンは、

そうした調味料を使うことが少なく、糖質制限ができる

からなのです。

 

パンやパスタ、ピザなどの主食とデザートを制限すれば、

無理なく糖質を減らせます。

さらに、グラタンやシチューなど小麦粉を使った料理、

とろみや甘みのあるソースを避けて、フライは衣を

はずして食べるとよいのです。

 

中華は、野菜たっぷりの低糖質メニューも多いのですが、

気を付けたいのは、小麦粉を使った点心類やかたくり粉

を使ってとろみをつけたメニューです。

 

これらは、糖質を多く含むので、とりすぎないように

バランスを考えることです。

もちろん、麺類やチャーハンは糖質がたっぷりなので、

避けましょう。

 

血糖値が下がる夕食の食べ方

yjimage9

1.糖質オフなら肉類や脂っこいものもよい

食後は寝るだけなので朝昼よりもきっちり糖質オフを

心がける。

2.外食するなら洋食がおすすめ

料理に砂糖を使わないフレンチやイタリアンは、

パンやパスタ、デザートを抜いて糖質オフに。

3.中華はとろみと点心に注意

ギョーザやシューマイなど点心や、とろみをつけた料理は

糖質が多め、炒めものなどがよい。

 

-4 糖尿病, 41糖質制限