1 健康長寿 4 糖尿病

血糖値が下がる食べ方 !

2016/03/11

yjimageUTW7FTTC

血糖値を下げる食材をえらんだのはよいが、

おいしく食べられなかったり、楽しくなかったり、

さらに、つらかったりすれば、うまくいきません。

 

うまく継続できる方法を考えていきましょう。

間食を適当にとる

おなかがすいたら、間食をとりましょう。

血糖値の急激な上昇を抑え、すい臓への負担も

やわらげます。

 

少し血糖値が上がって、少量のインスリンで早めに下げる。

というパターンの方が、

たくさん食べて、血糖値が急にあがり、インスリンを

大量に分泌する。パターンよりも血管へのダメージが

少ないからです。

 

空腹感を感じたら、がまんしない方がよいのです。

間食をしましょう。

yjimage7

ナッツ類やゆで卵、チーズ、無糖ヨーグルト、

煮干し、するめなどがおすすめです。

これらの食品には、糖質がほとんど含まれていません。

常備しておくと役立ちますね。

 

よく噛む

あまり噛む必要がないものは、消化吸収が速く血糖値も

上昇しやすくなります。(白いごはん、ハンバーグなど)

野菜もジュースにするより、そのまま食べた方が、

血糖値の上昇はゆるやかになります。

yjimage

さらに、よく噛んで食べると内臓脂肪が燃えやすくなる

ことがわかっています。

 

そして、食事にかける時間は、できれば20分以上の

時間をかけて食べるようにしましょう。

なぜなら、満腹中枢が約20分で刺激されるからです。

満腹中枢が刺激されると、食べ過ぎを防ぐことが

できるのです。

 

食べる順番も大切

食べる順番に気をつけると、血糖値の上昇を抑える効果が

アップします。

 

食物繊維を最初にとると、消化吸収の速度がゆるやかに

なって、食後の血糖値の急上昇や食べ過ぎを防ぐことができます。

次に、たんぱく質をとり、炭水化物を最後にとる方法が

理想的な順番となります。

31-2-a

これは、食べる順番ダイエット法といわれるもので、

ダイエット効果も期待できます。

 

順番は、次の通りです。

1.野菜、食物繊維を食べる

2.たんぱく質(肉や魚)を食べる

3.主食(ごはん、麺、パンなど)を食べる

 

ぜひ習慣化してみてください。

より健康的な食生活となります。

 

-1 健康長寿, 4 糖尿病