健康長寿 糖尿病

血糖値を上げずに栄養を摂る !

卵もしっかり食べる

血糖値を下げたい人にとって、卵は優秀な食材です。

低糖質で、1個の糖質はわずか0.2gです。

その他の栄養素は、良質のたんぱく質をはじめ、食物繊維以外はすべてを含んでいるので、完全食品ともいわれています。

 

卵というと、コレステロールが気になる人もいるのではないでしょうか。

たしかに卵には1個につき200mgのコレステロールが含まれています。

 

しかし、コレステロールは体内でも合成されますが、食品から多くとった場合は、体内での合成を抑制して自然に調整してくれます。

医師から「家族性高コレステロール」と診断された人以外は、それほど気にする必要はありません。

 

調理法が豊富で飽きずに食べられるのもすばらしい。

1日1個食べることをおすすめします。

ゆで卵は、ちょっと小腹がすいたときのおやつとしてもぴったりです。

スポンサーリンク

 

大豆がおすすめ

豆類も良質なたんぱく質なのですが、そら豆、小豆などは糖質が高め。

豆類の中では安心して食べられるのは大豆です。

納豆、豆腐、枝豆などの大豆食品はどれも低糖質です。

油揚げや厚揚げのように、揚げてカロリーが高くても糖質量は極めて低く、安心して食べられます。

 

大豆製品に含まれるビタミンB1には、糖質と脂質の代謝を上げる作用があります。

また、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをし、骨粗しょう症の予防にも効果があるので、女性にはおすすめの食材です。

 

肉、魚などのたんぱく質には、やせる効果がある

(トリ済)たんぱく質量を知ろう

肉や魚介類は、ほとんどが低糖質なのです。

カロリーを考えると、ステーキ、から揚げなどは敬遠しがちですが、糖質制限を考えると、あまり気にしなくてもよいのです。

 

肉や魚介類には、たんぱく質が豊富にあります。

そして、たんぱく質は大事な栄養素です。

体はたんぱく質でできていて、筋肉をつくるうえでも欠かせません。

 

筋肉が増えると、摂取したブドウ糖をグリコーゲンに変えて体に蓄えておけるので、太りにくい体にもなれます。

私たちは、食べて、消化するときもエネルギーを消費します。

そのときに消費するエネルギーは糖質6%、脂質4%に対して、たんぱく質は30%です。

つまり、同じカロリーの食事でもたんぱく質は糖質の5倍も消費エネルギーが大きいのです。

 

鶏肉、豚肉、牛肉、赤身肉、青魚、白身魚、いか、えび、イクラ、たこ、魚介類など、いずれも低糖質なので、血糖値が上がる心配がありません。

スポンサーリンク

特におすすめしたいのが、青魚

yjimage2

青魚に多く含まれるDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸は、コレステロールや中性脂肪を下げる効果があります。

しかし、注意したいのは、魚を原料にした、ちくわやさつま揚げ、魚肉ソーセージなどの加工品です。

これらには調味料がふくまれているため、糖質が高めになります。

yjimage3

成分表をよくチェックしましょう。

スポンサーリンク

お問い合わせ

 

お問い合わせ

    -健康長寿, 糖尿病