4 糖尿病 41糖質制限

カロリーよりも糖質制限が大切 !

2016/07/16

136034558866213218418

あなたは、血糖値は高い方ですか?

それとも、やや肥満で予備軍になっていませんか?

カロリーよりも、糖質の制限の方が大切です。

食パン1枚とステーキの300gとどちらが血糖値が

上がると思いますか?

yjimage

答えは、食パン1枚です。

当然、カロリーはステーキの方が高いので、

血糖値の気になる方は、ステーキに注意しがちです。

yjimage2

しかし、血糖値を上げる栄養素は、「糖質」のみです。

糖質は、すべて血糖に変わるのです。

そして、口にしてから15分で急激に血糖値を上げます。

これに対して、たんぱく質や脂質は血糖に変わることがありません。

 

つまり、たんぱく質や脂質は食べても血糖値が上がらない。

食後の血糖値が急上昇しなければ、血管や臓器を傷つける

ことがありません。

 

血糖値が上がらなければ、インスリンの分泌もなく、

すい臓の負担が軽くなります。

血糖値を下げて健康な体を作るには、「糖質」を控える

ようにすればよいのです。

 

これまで、糖尿病患者の食事療法は、「カロリー制限」

が主流でした。

しかし、カロリー計算が面倒だったり、食事に満足感が

なかったりして、継続するのがつらいと思う人が大半です。

 

ところが、「糖質制限」は、ちょっとしたコツを覚えて

おくだけで、ぐうたらな人にも効果が出ると話題に

なっています。

 

糖質制限の食事方法は、新たな食事方法として

取り入れられつつあります。

 

基本は「主食を控える」だけ

糖質を制限すれば、血糖値が下がります。

 

では「糖質」が多い食べ物はというと、ごはんやパン、

麺類に含まれるでんぷんも糖質の仲間です。

こういった食品は、よく噛むと甘みを感じてくるはずです。

でんぷんは胃腸で消化・分解されてブドウ糖になって

吸収される「糖」なのです。

 

つまり糖質とは、甘い砂糖やハチミツ、果糖、乳糖、

さらに米や小麦に含まれるでんぷん類をさします。

 

炭水化物は、糖質と食物繊維をあわせたものと定義

されています。

3大栄養素は、「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」ですね。

 

糖質はどこから多く摂取しているかといえば、そうです、

ごはん、パン、麺類などの主食からなのです。

yjimage0EQNQ8M6

ごはん1膳(150g)に含まれる炭水化物は55.2gで、

そのうち食物繊維は0.5g、糖質は54.7gです。

角砂糖1cm角の糖質は4gですから、ごはん1膳は、

角砂糖15個を食べたことになるのです。

s_tousitu-nani

他にも、食パン1枚は26g、うどん1食分は52gの糖質

が含まれています。

 

いかに、主食に糖質が多く含まれているかがわかると思います。

 

糖質を制限して血糖値を下げるには、「主食を控える」

ことが重要だということです。

 

まず、主食を控えることをやっていきましょう。

 

-4 糖尿病, 41糖質制限