22ふくらはぎマッサージ 7 高血圧

毎日10分のふくらはぎもみで高血圧を改善 !

2016/07/01

yjimage

血流をよくする

血管系の病気を治すには、血液の循環をよくすることが

大切です。

新陳代謝が活発になると、健康が回復します。

 

脚のふくらはぎと血液の循環には、深い関係があります。

血液は、心臓のポンプ作用によって体のすみずみに

送り出されて、また心臓に戻ってきます。

血液が通る血管は、行きと帰りでは違います。

スポンサードリンク

血液は、行きは心臓から動脈に送り出され、体の各細胞に

酸素と栄養を運びます。

帰りに、二酸化炭素や老廃物を回収して、静脈を通って

心臓に戻ります。

 

これらの血液の流れがスムーズにいっていれば、

健康は保たれます。

 

心臓に戻る静脈の血液は、動脈よりも勢いがありません。

脳など、心臓より上に送られる血液の量は全体の30%で、

これらは重力で心臓に戻りますが、下半身に回った70%の

血液は、重力に逆らって心臓まで上がらなければならない

ために、どうしても戻りが悪くなりがちです。

 

ミルキングアクション

このときに、強力な助っ人となるのが、足のふくらはぎ

の筋肉です。

ふくらはぎの静脈の周囲にある筋肉が、乳をしぼるように

収縮と弛緩を繰り返して、血液を心臓に送り返すのです。

この働きを「ミルキングアクション」といいます。

 

日常生活では、歩いたりして、常にふくらはぎの筋肉が

使われるので、乳酸や老廃物などがかたまって筋肉が

疲労しやすくなっています。

そのために、ふくらはぎのミルキングアクションが低下し、

血液の戻りが悪くなります。

 

ふくらはぎもみ

そこで、ふくらはぎをマッサージして筋肉をほぐして、

血流をよくしょうと考えられたのが、「ふくらはぎもみ」

なのです。

Windows_8_x64-27-300x177

血液の循環がよくなれば、高血圧や動脈硬化などの症状

が改善されます。

また、血流がスムーズになると、体温が上がり、基礎代謝

が活発になって脂肪がよく燃焼されるので、ダイエット

にもつながります。

 

そのほかにも、冷え性や肩こり、腰痛、肌荒れ、頭痛

などの改善が期待されます。

yjimage2

「ふくらはぎもみ」の方法は、

両手の親指を重ねて、ふくらはぎを丁寧に押すだけです。

毎日欠かさず、10分を目安に行えば、3カ月で効果が

現れます。

 

毎日行っていると、だんだんふくらはぎもやわらかく

ほぐれてきます。

ぜひやってみてください。

スポンサードリンク

 

-22ふくらはぎマッサージ, 7 高血圧