1 健康長寿 7 高血圧

たまねぎ酒が血栓をとかす !

2020/09/16

yjimage

たまねぎは、血栓を溶かす

たまねぎは、健康・アンチエイジングに必須ですが、なかでも、血栓をとかす効果が注目されています。

それは、たまねぎを切ったときに目にしみる成分や硫化プロビルの働きで、血液中の悪玉コレステロールを減らし、血液をきれいにすることです。

 

悪玉コレステロールが減れば、血圧が下がって血栓ができにくくなるので、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの血管系の病気を予防することができます。

たまねぎの成分で、ジサルファイド系化合物に、血糖値を下げる作用があります。

しかも、この成分は、血糖値が高いときだけに作用するので、糖尿病の改善には最適です。

 

他に、たまねぎには、がんや老化の原因となる活性酸素の働きを抑える抗酸化作用、肝臓のアルコール代謝を促進して、二日酔いを防ぐ働きなどがあります。

スポンサーリンク

たまねぎ酒は血圧を下げる

このたまねぎをアルコールにつけ込んで有効成分を抽出し、吸収率を向上させたのが「たまねぎ酒」です。

適度なアルコールは、末梢血管を広げて血流をよくし、血圧を下げる効果があります。

 

そのために、たまねぎとお酒を一緒に飲むと、さらに強力な血圧降下作用が期待できるのです。

たまねぎ酒は、寝る前におちょこ1杯程度が適量です。

 

yjimage2

 

【たまねぎ酒の作り方】

材料:たまねぎ 450g、焼酎 700ml

①たまねぎの茶色い皮を取る。 軽く水洗いをして、布で水気を取る。

※水気があると、カビの原因になるので注意!

②煮沸消毒したビンにたまねぎを入れて、焼酎を注ぐ。

③容器を密閉したら、冷暗所に1週間程度保存する。

完成

たまねぎ酒で健康長寿を目指しましょう!

たまねぎの皮茶が血圧を下げる !

スポンサーリンク

-1 健康長寿, 7 高血圧