1 健康長寿 4 糖尿病 5 若返り 7 高血圧

1日20粒のアーモンドで悪玉コレステロールが減少 !

yjimage

成人は、1日に必要なエネルギー2000kcalのうち、

20~25%にあたる400~500kcalは、脂質からとらなければ、

健康が維持できません。

pfc_meyasu

健康やダイエットでは、とかく悪者扱いとなる脂質ですが、

上手に摂れば体を元気にすることができます。

 

脂質は、脂肪とも呼ばれ、大きく分けると、飽和脂肪酸、

一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸の3つがあります。

 

栄養のバランスを考えると、この3つの脂肪酸を

3対4対3の割合でとることが望ましいとされています。

 

しかし、普通に食事をすると、ほとんどの人が

飽和脂肪酸を摂りすぎて、栄養バランスがくずれた

食生活をしているのです。

 

そこで、積極的に食べてほしい食品がアーモンドです。

アーモンドの脂質は、その70%が一価不飽和脂肪酸の

仲間であるオレイン酸です。

pict05

オレイン酸には、からだに必要な善玉コレステロールを

維持したまま、悪玉コレステロールだけを減らす働きが

あります。

そのため、高血圧が改善されます。

 

アーモンドは、若返りのビタミンとも呼ばれ、

活性酸素の発生を防ぐ高い抗酸化作用のあるビタミンE

も100g中30mgと豊富に含まれます。

 

ビタミンEは脂質が酸化されるのを防ぎ、同時に脂質と

結びつくことで吸収されやすくなります。

しかも、皮の部分にふくまれるポリフェノールとの

相乗効果で、抗酸化作用がさらに高くなります。

 

そのほかに、アーモンドには、食物繊維やたんぱく質、

ミネラル類などもたっぷり含まれています。

yjimageV519NP6N

高血圧、糖尿病などの改善に、1日20粒を食べると、

1日に必要なビタミンEを補うことができます。

また、ダイエットにもおすすめです。

-1 健康長寿, 4 糖尿病, 5 若返り, 7 高血圧