1 健康長寿 7 高血圧

蒸したにんにくで血圧が下がる !

yjimage

にんにくは、香りづけや臭み消しとして、

料理には欠かせません。

また、昔から健康を強化する食品として使われて

きました。

 

このにんにくには、血圧を下げる成分が含まれています。

にんにくの主成分は、アリシンという物質です。

アリシンは、にんにく独特のにおいのもとで、

殺菌・抗菌作用もあります。

 

アリシンには血管を拡張し、血流の循環を活発にする

作用があるので、血圧を下げ、高血圧を予防します。

また、消化器の働きや肝機能を向上させたり、

インスリンの分泌を促進して、糖尿病を改善することが

わかっています。

 

このにんにくを海洋深層水につけ、乳酸菌を添加して、

備長炭で300時間じっくり蒸しあげたのが【炭蒸しにんにく】

黒にんにく」です。

「黒にんにく」は、ふつうのにんにくに比べて、

脂質が5倍も多く含まれています。

bl-gariic-p5

にんにくのアリシンは、脂質と結びつくと脂質アリシン

という物質になり、ビタミンEと同じような効果を発揮

します。

 

コレステロールを減らしたり、血栓ができるのを防ぐなどの

効果があり、血圧降下作用が期待できます。

さらに、「黒にんにく」は、ふつうのにんにくにはない

β-カロテンをたっぷり含んでいます。

 

β-カロテンには、がん細胞の増殖を抑え、同時に免疫細胞

の数をふやして活性化させる働きがあります。

「黒にんにく」は、乳酸菌を加えて発酵させている

ために、動脈硬化の予防、消化器の免疫力の向上、

高血圧の改善、肝機能の向上などの効果が期待できます。

 

にんにくが持っているパワーを高め、その効能を引き出す

「黒にんにく」は、40歳以上で高血圧の方におすすめ。

最適の健康食です。
発酵黒にんにく酢卵黄

-1 健康長寿, 7 高血圧