1 健康長寿 5 若返り

タバコは手術のダメージも大きい !

yjimageTGBEUHAX

あなたは、タバコを吸っていますか?

わたしは、禁煙してかなりになります。

 

タバコが、肺がんをはじめとしてがんのリスクを

高めることは常識です。

 

しかし、もっと怖い害もあるのです。

心臓の手術など、リスクの高い手術が必要になったとき、

喫煙習慣があると医師から2~3カ月の禁煙を求められます。

一刻を争う場合はすぐに手術をしますが、血管がうまく

接着・生育しないで、術後の経過が非常に悪いのです。

yjimageNWZEF056

理由は、体に取り込まれたニコチンやタールが悪さを

するからです。

タバコの害が消えるには、最低でも2カ月かかります。

交通事故や災害で大けがをして、緊急手術をするときも、

タバコを吸っているかどうかで生死の分かれ目になる

こともあります。

 

事故も災害もいつ起きるかわかりません。

命が惜しいなら、今すぐ禁煙です!

yjimageWBPKOJY0

喫煙者には危険がいっぱい

タバコの煙に含まれている化学物質は、なんと4000種類。

その中には、活性酸素を生み出す物質が大量にある。

発がん性が疑われているものだけでも50を超えます。

 

有害物質の塊ともいえる煙が血液中に溶け込み、

肺だけでなく全身にダメージを与えます。

 

タバコは、動脈硬化も進行させるので、心筋梗塞や脳卒中

のリスクが当然高くなる。

 

タバコを1本吸うたびに、体を酸化から守ってくれる

ビチミンCやEが大量に使用日されてしまいます。

ヘビースモーカーほど老化のスピードが速くなるのです。

yjimageBJ6PZ5A4

事故や災害で大けがをしたとき

喫煙者かどうかが生死を分ける

 

-1 健康長寿, 5 若返り