1 健康長寿 5 若返り

睡眠にはゴールデンタイムがある !

yjimage5L9CPQE8

あなたは、1日6時間睡眠時間をとればよいと考えて

いませんか?

じつは、睡眠にもベストな時間帯があるのです。

ただ寝るだけでは若返らないのです。

眠りは30代から浅くなる

健康な大人の場合、眠ると「ノンレム睡眠」に入ります。

1.うとうと

2.すやすや

3.ぐっすり

4.さらにぐっすり

と眠りが深まります。

yjimage12

3.と4.は、脳波が大きな波型のデルタ波になるために

徐波睡眠」と呼ばれ、体も脳も眠っている状態です。

その後、体は眠っていても脳が活動している「レム睡眠

に移ります。

ノンレム睡眠レム睡眠が1セットになった睡眠サイクルは、

約90分。

それが眠っている間に何度か繰り返されます。

yjimage8V0OS3OA

しかし、この睡眠パターンも加齢とともに変化します。

30代後半から、深い徐波睡眠が減り始め、どんどん眠りが

浅くなっいきます。

中年以降は、質のよい睡眠をとるための知識や昼間に

運動するなどの工夫が必要になってきます。

 

眠りにはゴールデンタイムがある

ノンレム睡眠には、4段階ありますが、徐波睡眠と呼ばれる

特に深い眠りは、寝入ってから最初の3時間に集中して

現れます。

 

じつは、この徐波睡眠のときに成長ホルモンの分泌が

盛んになるのです。

成長ホルモンの分泌量は、時間帯により大きく変動します。

 

1日の中で最も分泌量が増えるのは、夜10時~午前2時頃、

眠りのゴールデンタイム」と呼ばれるこの4時間と、

徐波睡眠の多い時間帯が重なるようにすれば、眠りの質が

高まります。

 

成長ホルモンは、子供の成長だけではなく、大人にとっても

若さと健康を保つうえで大切なものです。

同じ睡眠時間であっても、「眠りのゴールデンタイム」を

使うかどうかによって、長い間に大きな差が出てくるのです。

yjimage

成長ホルモンの分泌が増える

夜10時~午前2時がゴールデンタイム

 

-1 健康長寿, 5 若返り