16自律神経

気になる症状に指圧 !

il_06

指圧には、こりや痛みなどの改善、運動や分泌などの

機能改善、自律神経調節作用など、さまざまな効果が

ありますが、主に自律神経調節に役立つ方法を紹介します。

 

指圧は、身体に対して直角ににるように親指や人差し指で

ツボを押すか、つまめるところは親指と人差し指でつまんで

刺激します。

 

市販のツボ押しグッズもありますが、使い慣れないと

ツボに入りにくいものもあります。

 

場所にもよりますが、自分で指圧をすね場合は、こりが

わかりやすいところを触り、指で探して押したほうが

よいでしょう。

 

なお、力を入れすぎると、筋肉内の組織がつぶれたり、

炎症、皮下出血などを起こす場合があります。

押し加減を調整しながら、力を入れすぎないようにします。

yjimage3

また、ツボ押しは入浴前が特におすすめです。

押してから入浴すると、筋肉の緊張がゆるんで血行が良く

なるために効果が高まります。

 

さらに、入浴後は、発痛物質が減っているので、

痛みが軽減されます。

 

-16自律神経